無料カウンター 満天ジャズCD倶楽部 Baritone Sax
 
 
 

■Profile

山帽子
  • 山帽子
  • ジャズの話題が中心ですが、時として話題はあらぬ方角へ飛ぶこともあります
                
  • RSS


  • ■Link

  • ゴイス音楽日記
  • 中年音楽狂日記
  • A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~ 
  • 豆腐に柳
  • 二流ジャズの愉しみ
  • Todo Sobre Mi Musica
  • Jazz from 43rd parallel north


  • ■Search



    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック(-) | コメント(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2011/12/30(金) バリトン盤を大音量で聴く歳の暮れ

    スマート・フォンなどPCがあるので必要ないと公言していたが、知人のアイフォンで一望できる山々の名前が瞬時に分かるアプリを目にして、即行アイフォン4Sを購入した。どうやら私の認識は間違っていたようだ。山の名前以外にも山ほど驚くことがあった。イヤハヤここまで進化していたのかと自らの不明を恥じた。64Gを買ったのでせっかくクラッシクに買い換えたアイポットも殆ど不要になり、これ一台があれば当面困ることはなくなった。不満はメールが打ちにくいことと電話が直ぐに繋がってしまうことだ。メールは慣れれば逆に速く打てるかも知れないが、電話は誤ってかかってしまう事もあって、焦ってキャンセルしたことが何度もある。"発信しますか?"という確認のアクションをもうひとつ入れてくれれば良いのに・・・。

    さて今年も残すところ今日明日の2日となった。とりたてて正月だと騒ぐ歳でもなくなったが、せめて人並みに大掃除でもしようかと思って部屋の3Sを始めている。 机の上には未聴のCDが山になっているし、同様未読の本も積みあげられている。また机の周りはDUの大袋に入った空のCDケースが数個ころがっていて足の踏み場もなくなっている。基本、CDを購入すると新しいCDケースに交換して、収納ビニール袋に入れ保管すると言うのが習慣になっているからだ。つまり購入した枚数分、空のケースが出ると云う勘定になる。そんな我が家の乱雑ぶりをよそにニュースはCD売り上げの衰退を伝えている。どうやら音楽配信の煽りを食らいリアルなCDの売り上げが激減しているようだ。CDファンの私としては心もとない状況である。これでは嘗てレコードからCDへ移行した時と同じ現象になってしまうのか? いや、きっとそうはなるまい。アナログのCDに対する優位性(音質・蒐集欲を掻き立てる質感等)は配信音楽に対するCDには求めようもないからだ。 暮れから湿っぽい話題となった。しかしCDファンの私としてはハッとするような盤を求め今日も彷徨うばかりだ。アナログ盤からは軽視され音楽配信からは追撃されるCDである。しかし配信では決して得られないCD盤は敢然としてあり、アナログでは達し得ない遥か豊饒なジャズの平原がCD盤には開けているからである。

    昼下がり東芝EMIから一冊の小冊子が届いた。それに連載されているラズウェル細木の漫画があるのだが、今回のやつは実に共感できた。こんな内容である・・・聴きたいジャズ盤がない時、ランダムに一枚を選び普段聴かない大音量で聴いてみる、すると新たな感動が湧いてくると云うような内容であった。奇しくも今日の午前、休みに入った気楽さから久しぶりに手許にあったCDを大音量で聴いてみた。Ronnie Cuber 『Infra-Rae』である・・・一聴、まさに目から鱗である。#1 モブレーの名曲:表題作" Infra-Rae "でロニー・キューバのバリトンが低いところから突き抜けるように鳴り響く・・・老いてなお盛んとは斯くを言うのだろう。ビーツ兄弟のハイレベルなサポートも立ち上がる様な臨場感で素晴らしい。普段パソコンのショボイ音で聴くのとは段違いだし、アイポッド(アイフォン)で聴くのとも体感的に異なる。バリトン盤は大音量で聴くべし(笑)・・・これが正しい鑑賞法である。

          Dec3001.jpg
       
               Ronnie Cuber 『Infra-Rae』
        (2009年録音 Maxanter Records MAX CD75967)
               #1 "Infra-Rae" #4 "Chillin’ "


    スポンサーサイト
    04:08 | トラックバック(0) | コメント(0) | Baritone Sax | Page Top


    ■2011/10/23(日) 魅惑のバリトン・サックス 或はジム・リドルの参加盤

    腹立たしい事。

    ジャズ・マニアの一途な心理を利用しアコギな商売をする某ウェブ・ショップがある。某ピアノ・トリオ廃盤CDをウェブ・ショップで4500円(・・・これとて高すぎる)で販売し、一方同じ商品をヤフオクで5000円で即決落札、同時に同じヤフオクで販売を知らない者に即決なしで競売をはかった。つまり同じ商品を4500円、5000円、・・・・円の値段で販売し暴利を貪ろうとしたのである。全くジャズ・マニアの心理を逆手に取ったアコギな商売である。独占販売らしく、やり放題である。法的には問題ないとしても、ジャズ・マニアの信義則に反する行為だと思う。不味い蕎麦屋に、"おたくは不味いからもう来ないよ"と言う必要がないのに似て大人げないことかも知れない。不味い蕎麦屋には黙って行かなければいいことだからだ。しかし、つい黙っていられなくなってしまった。馬鹿馬鹿しい、忘れよう。

    これから先もずっと聴き続けだろうという確信ある盤を紹介したい。

    好きなバリトン・サックスの奏者:Denis DiBlasio の4枚のアルバム 『Catch Me』(1993年録音)、『Seven Giant Steps To Heaven』(1993年録音)、『Perpetual Baggage Claim』(1999年録音)、それに少し遅れて 『View From Pikes』(2006年録音)である。これらの盤のトピックス、勿論リーダーはバリトン・サクソニスト:Denis DiBlasio  であるが、この盤の魅力の半分を担うと思われるピアニスト:ジム・リドルが参加していることである。ジム・リドルはご存じのとおりかの名盤『Five Minutes To Madness And Joy』(1996年録)、Thamas Stabenowのリーダー作ではあるが実質ジム・リドル作品だと思っている『Human Spirit』(1992年録)、また、近年同様リーダー作ではないがDon Franta Trio 『Segment』(2004年録)があり、どの盤もジム・リドルの類稀なスキルとセンスの好さが傑出したピアノ・トリオ盤である。特に1993年録音『Catch Me』と『Seven Giant Steps To Heaven』、『Perpetual Baggage Claim』のバックを飾るジム・リドル・トリオは名盤『Five Minutes To Madness And Joy』と全く同じ面子(Darryl Hall:b Jim Miller:ds)まさに鉄壁の布陣である。

    それにしても、何と切れ味の好いバリトンだろう。軽々とアルトの様なフレージングが炸裂する。それらを楽々サポートするのは ジム・リドルと彼のトリオ(『Perpetual Baggage Claim』ではtpとOboeが加わる、『View From Pikes』ではドラム・レス)。モーダルな演奏で一際切れ味が冴える、ジムとデニスの紡ぐ美メロ・フレーズが随所に輝く。数曲のバラッズで見せるしめやかな大人の演奏は付け焼刃で為せるものではない。★印で評価するなら満天★★★★★。それにオマケ☆を付けたいと思っている(笑)・・・オマケはよくぞジムとデニスが共演してくれた、その運命に対してだ。

    Oct2308.jpg    Oct2501.jpg     Oct2601.jpg     Oct2303.jpg
      
     Denis DiBlasio            Denis DiBlasio Quintet        Denis DiBlasio            Denis DiBlasio       
         『Catch Me』       『Seven Giant Steps To Heaven』     『Perpetual Baggage Claim』      『View From Pikes』
         1993年録音               1993年録音               1999年録音                          2006年録音
     (Liscio Records LAS-11193)   (Liscio Records LAS-38932)    (EAR-1038 )             (Denis Diblasio Music DMJ-1096) 


    21:43 | トラックバック(0) | コメント(8) | Baritone Sax | Page Top


    ■2011/03/14(月) 佐藤洋二郎とバリトン盤

    地震の数日前、東北へ出張していた。その日もいくらか揺れていたのだが、これほどの惨事になろうとは思わなかった。気が重い日常が続く。どうにもならない自然の災害なのだが、どこか人災の様に感じてしまうのは何故だろう。

    この本についてはいつか言及したいと思っていた。 世に言うところのエッセイ集なのだが、どうしても単なるエッセイと思う事が出来ない。一篇、一篇が筆者の人生を反映する私小説の味わいである。幾分の無頼と彷徨への憧れ。短いセンテンスの文章に得も言えぬ滋味を感じる。常に枕元に置いているが読み終えるのがもったいないので、いまだ読了していない。こういうお気に入りの本は、これも十年以上昔に買い求め最も気に入っている豚革のブック・カバーに包んいる。活字と紙質も優しく深い。こんな好い本にはそうは巡り合えないだろう。

                                Nov03_09.jpg

                                   佐藤洋二郎著『人生の風景』
                                    (平成16年8月 作品社刊)

    ところでバリトン・サックスが好きである。朴訥でいてゴリゴリした感じの風合いは堪らない魅力だ。ピアノ・トリオを一巡すると決まってバリトン・サックスを渉猟するのがCDショップを訪れた時の行動パターンである。しかし発売点数は他の楽器と比べると少なく、それ程目ぼしいものは少ない。そんなマイノリティなバリトンだが、こんなジャケットを目にしたら買わざるを得ない。云うまでもない、サージ・チャロフの定盤キャピタルの『Blue Serge』を意識したジャケットである。リーダーはRik Van Den Bergh。彼がそれぞれ4人のサクソニストとピアノ・トリオをバックに共演する形である。この編成、バリトンを際立たせる効果は抜群である。何事も相対性、比較において活きてくるのだろう、バリトンの特性が浮かび上がった好い演奏ばかりである。前出のエッセイ集と何処か似ているのだがその類似性を論じることが出来ない。

    サージ・チャロフは34歳で亡くなったようである。随分若くして亡くなったものだ。著名人で名を残しながらも若くして逝くものが昔は多かったのだなぁというのが今日の感想。 

                              
    Mar1102.jpg                    
                                     Rik Van Den Bergh 『Reserge』
                                (2007年録音 Maxanter Records MAX75373 ) 


    20:56 | トラックバック(0) | コメント(3) | Baritone Sax | Page Top


    ■2009/07/12(日) バリトン・サックス盤

    最近、古本屋を巡るのが楽しい。世は活字離れな風潮であるので、私の狙いどころ、好みの本が一般の価値観の埒外に置かれ、つまりは冷遇されているため、驚くような安価で入手できるという実に喜ばしい環境となっているのだ。どいつもこいつも辛気臭い本は読まないのだ。例えばその証左に本屋で若い書店員に本を尋ねてもまともな返答が帰ってくることは殆どない。まあ、斯く言う私も碌でもない本しか買っていない訳だし、また、まともな本(?)を買ったとしても隅々読んでいる訳ではないので、偉そうに言える身分ではないのだが。

    そう言う訳で最近、もっぱら蒐集のベクトルは古本に向かっている。この前も翻訳家でジャズ好きな随筆家、柴田元幸氏の面白ろくも滋味深い本がゲットできて喜んでいる。彼の本はマイナーな出版社からのものが多く、時たま法外に安い値段で放出されることがあり、ポツリ・ポツリと買い集めていたらほぼ全数の著作が揃った。このジャズ好きな翻訳家、柴田元幸氏は今をときめく作家(?)村上春樹氏との共著がどこかの新書で発売され、好評で2作まである。二人は翻訳とジャズ好きという共通項繋がりだろう。

    さて、今日は表題どおりバリトン・サックス盤について少しだけ言及したい。ちょっと暑苦しい感もあるが、暑い時に飲む熱い茶の美味のたとえもある、まあ、好しとしてもらおう。

    そのバリトン・サックス、聴いた順を時系列で列挙しようとしたのだが・・・先ず最初はペッパー・アダムス、B/Nの参加盤かサヴォイ盤あたりだったであろうか、次いでマリガンだろうか、いやあれはもっと後年だ、サージ・チャロフが先であろうか、そう言えばギル・メレもB/Nに吹き込んでいたし、欧州ではラース・ガリンもいたな・・・などと前後の整理がつかない団子状態になってしまった。

    特にバリトン・サックスの好きな訳は、肉体労働的な汗が最も感じられる楽器だからである。まだCD化はなされていないが77年吹き込み、ニック・ブリグノーラのセクステッドにペッパー・アダムスが参加した『バリトン・マッドネス』というBee Hive盤があり、その筋(?)では有名な盤であるが、私もこれには震撼させられたクチである。これなどまさに肉体労働的、ゴリゴリの演奏に驟雨のようにシャワーを浴びる感覚で聴き入るしかない。また、片や対極はジェリー・マリガンの『Night Lights』に於ける切ないほど抒情的な演奏で、こういう繊細な表現の可能性をも併せもつバリトン・サックスという楽器は実に奥深いのである。

    バリトン・サックスと言えば隠然たる(?)圧倒的神格的人気を一部のマニアに誇るサヒブ・シハブである。彼の演奏はサヴォイやブラックライオン、スキーマ等に吹き込みがあるが、なるほど、あの名盤『And The Danish Radio Jazz Group』の圧倒的な演奏に接すれば、ただただ只管平伏するしかないのである。それにしても、この哀愁を込めた陰影ある鮮烈な演奏をどう表現したらいいのだろう。上述した2枚の盤の融合的な演奏にブラス・アンサンブルの妙薬を塗したとでも言うと平板すぎるが、これが私の表現の限界である。

    バリトン・サックスは思慮深さの滲み出た重厚なベテラン俳優の台詞回しに似ている。一音を発した瞬間、その場の空気を変える圧倒的な存在感が際立つ、そういう楽器であると思う。

    Jul11#19Jul11#07Jul11#09

    Jul11#06  Jul11#22Jul11#14

     Jul11#04Jul11#11Jul11#12

     


    02:00 | トラックバック(0) | コメント(0) | Baritone Sax | Page Top


    |


    10 2017/11 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    ■Recent Entries

  • ■Marcos Jimenez~ソロピアノの魅力(11/24)
  • ■ゆえあってエヴァンス・ヴィレッジヴァンガード・コンプリート盤を聴く(09/27)
  • ■アコギの夏 ~ラルフ・タウナー(08/08)
  • ■『Signal Sessions』の話 (07/17)
  • ■Grant Levin ~ジャズ盤蒐集再燃~(06/28)
  • Jazzお茶ノ水博士と幻のピアノ・トリオ盤の話(05/30)
  • Long Good Bye(09/19)
  • 海辺の再会盤の話(02/22)
  • 珍屋 ~"猫棚"稀少盤の話~(02/22)
  • 骨折とドン・トンプソンの話(01/25)
  • チャーリー・ヘイデン・フォーエヴァー!(01/12)
  • フランスのスタンダーズ盤 その他(01/07)
  • 謹賀新年(01/01)
  • Lina Nyberg の熟成はいつなされたのか?(12/30)
  • 深夜に聴いたピアノ・トリオ盤のこと(11/14)


  • ■Recent Comments

  • 山帽子(11/16)
  • Tetsuo Shimizu(10/13)
  • 山帽子(07/17)
  • Mae-chan(07/14)
  • 山帽子(07/11)
  • Tetsuo Shimizu(07/09)
  • 山帽子(06/27)
  • バード(06/09)
  • 山帽子(04/01)
  • バード(03/20)


  • ■Recent Trackbacks

  • 中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar:ピアノもヴァイブもいけてるDon Thompson(07/03)
  • 中年音楽狂日記:Toshiya\'s Music Bar:Ralph Townerの魅力(05/01)


  • ■Category

  • 音楽/嗜好別の分類 (0)
  • Favorite Rare CD (52)
  • Favorite CD Jacket (5)
  • Favorite Tune (9)
  • 音楽/楽器別の分類 (191)
  • Piano (73)
  • Bass (10)
  • Drums (0)
  • Organ (1)
  • Baritone Sax (4)
  • Tenor Sax (11)
  • Alto Sax (2)
  • Soprano Sax (0)
  • Trumpet (3)
  • Trombone (0)
  • Clarinet (0)
  • Flute (0)
  • Guitar (6)
  • Vibraphone (3)
  • Harmonica (1)
  • Accordion (3)
  • Harp (1)
  • Strings (2)
  • Vocal (20)
  • Various  (28)
  • 音楽/編成その他の分類 (23)
  • Duo (8)
  • Old Piano Trio (Piano+Bass+Guitar) (2)
  • Drumless Trio (Piano+Bass+Horn) (2)
  • Female Musician (7)
  • Japanese Musician (1)
  • Bossa Nova (0)
  • Rock/Folk (0)
  • 2Horns (2)
  • 3Horns (0)
  • 4Horns (1)
  • Big Band (0)
  • Jazz Around (0)
  • 音楽以外/その他の分類 (29)
  • Book (4)
  • Cycling (1)
  • Photo (12)
  • Essay (0)


  • ■Archives

  • 2016年11月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年09月 (3)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (4)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (3)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (4)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (5)
  • 2011年05月 (3)
  • 2011年04月 (4)
  • 2011年03月 (2)
  • 2011年02月 (3)
  • 2011年01月 (6)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (6)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (8)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (3)
  • 2010年04月 (4)
  • 2010年03月 (5)
  • 2010年02月 (8)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (3)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (2)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (4)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (2)
  • 2008年08月 (4)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (1)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年04月 (1)


  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。