無料カウンター 満天ジャズCD倶楽部 2010年02月12日
FC2ブログ
 
 
 

■Profile

山帽子
  • 山帽子
  • ジャズの話題が中心ですが、時として話題はあらぬ方角へ飛ぶこともあります
                
  • RSS


  • ■Link

  • ゴイス音楽日記
  • 中年音楽狂日記
  • A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~ 
  • 豆腐に柳
  • 二流ジャズの愉しみ
  • Todo Sobre Mi Musica
  • Jazz from 43rd parallel north


  • ■Search



    ■2010/02/12(金) ミルチョ・レヴィエフのデュオ盤

    雨の中、新宿DUへ行く。
    最近買ったピアノ・トリオ盤の最終曲にトラブルが出たため、もう一枚あるDUの在庫と交換してもらうためである。ついでに長年の習慣、新入荷の棚を期待もせず覗いてみる。すると背表紙がカタカナの珍しい盤が目に留まった。20年以上前に発売されたMilcho Leviev 『オラクル』、長年探しまくっていた盤がぽつりと鎮座しているではないか。ジャケに退色はなく最近発売されたシールド品のような程度の良さである。しかも安価。思わず小踊りするほど嬉しくなってしまった。
    ジャズ史的には殆ど話題に上ることもなく、奏者と題名を言えば、コアなジャズ・ファンに、何だそんなものかと軽く笑われるような盤である。しかし私的には立派な『幻盤』である。

    今でこそ、それほどの賑わいはないがMilcho Leviev と言うとA.ペッパーとの共演を含め1980年代には相当活発にアルバムを発表していた。1986年には件のA.ペッパーとの『ブルース・フォー・ザ・フィッシャーマン』(1980年録音 DIW-11 CD)、チャーリー・ヘイデンとのデュオ盤『サイレンス』(1985録音 アルファ Pan Music 32-XB109)等が発表されている。続く1987年、今回やっと入手が叶ったデイブ・ホランドとのデュオ盤『オラクル』が発売され、翌1988年には同じくデイブ・ホランドとのデュオ盤『アップ・アンド・ダウン』(1986年、1987年録音ポニー・キャニオンD32y-0175) が発売されている。

    ペッパーの盤は既に求めていたが、『サイレンス』と『アップ・アンド・ダウン』は2004年1月、町田DUの近所にあった今は無き『オスカー』という中古屋で入手をした。よくぞ記憶していたとお思いであろうが何のことはない、当時SJ社発売のデータ・ブックに購入日と購入先をコツコツと記録をしていたのである。最近、欲しい盤は一段落しているので記録をすることも、中古店を探索することも殆どなくなったが、当時は遠く町田界隈にまで足を延ばしていた。町田と言えば思い出すのが、ジャズマニアの親父さんが趣味を昂じた末に開いた中古盤のお店である。珈琲をご馳走になり幾枚か希少な盤を購入させてもらった。しかし開店したと思ったら直ぐに閉店になってしまい、つくづく趣味と商売は別物なんだなぁと感慨をした。その町田へは国立DU経由で行く事が多く、山道に続く高台から眺める夕暮が実に綺麗だった。そんな様々な想い出が湧きあがってきては胸を熱くする…それにしても昔は色々な街へ足を延ばしたものだ。水戸、足利、前橋、柏、藤沢、新潟・・・多分当時訪れた店の殆どは姿を消しているであろう・・・今やジャズ、いや音楽を取り巻く環境は大きく変貌し、昔のゆったりとした中古盤店の面影は希少な存在となってしまった。最早、当時を古き良き時代であったと懐古するしかないのであろうか・・。今まで在ったものが無くなるのは実に寂しい。

    実のところ労力をかけて入手した盤はその労力が大きければ大きいだけ高まった期待のハードルは上がり、それに副うものではなくなる。例えば上記M.レヴィエフの『サイレンス』『アップ・アンド・ダウン』などは高過ぎるハードル故、落胆を感じた盤であり、残念ながら今は手元にない。しかしこの『オラクル』、これは素晴らしく好いのである。こうして記しながらも幾度となく聴き、ライブ盤とは思えない音質の良さとデイブ・ホランドの腰のあるベースとレヴィエフの粒だった音の連鎖がメロディアスでありながらスリリングで実に申し分がない。今日まで目にしなかったのはまさにこの出来の良さ故なのだと納得したのである。

    それにしても、またあの夕陽に染まった丘の街をシミジミと走ってみたいものだ。漁盤は全く期待できそうもないのだが・・・

                          Feb11_02.jpg
                           Milcho Leviev+Dave Holland
                                『The Oracle』
                         (1986年録音 Alfa Records32XB-175)


    スポンサーサイト



    01:59 | トラックバック(0) | コメント(2) | Duo | Page Top


    |


    01 2010/02 03
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 - - - - - -


    ■Recent Entries

  • ■Marcos Jimenez~ソロピアノの魅力(11/24)
  • ■ゆえあってエヴァンス・ヴィレッジヴァンガード・コンプリート盤を聴く(09/27)
  • ■アコギの夏 ~ラルフ・タウナー(08/08)
  • ■『Signal Sessions』の話 (07/17)
  • ■Grant Levin ~ジャズ盤蒐集再燃~(06/28)
  • Jazzお茶ノ水博士と幻のピアノ・トリオ盤の話(05/30)
  • Long Good Bye(09/19)
  • 海辺の再会盤の話(02/22)
  • 珍屋 ~"猫棚"稀少盤の話~(02/22)
  • 骨折とドン・トンプソンの話(01/25)
  • チャーリー・ヘイデン・フォーエヴァー!(01/12)
  • フランスのスタンダーズ盤 その他(01/07)
  • 謹賀新年(01/01)
  • Lina Nyberg の熟成はいつなされたのか?(12/30)
  • 深夜に聴いたピアノ・トリオ盤のこと(11/14)


  • ■Recent Comments

  • 山帽子(11/16)
  • Tetsuo Shimizu(10/13)
  • 山帽子(07/17)
  • Mae-chan(07/14)
  • 山帽子(07/11)
  • Tetsuo Shimizu(07/09)
  • 山帽子(06/27)
  • バード(06/09)
  • 山帽子(04/01)
  • バード(03/20)


  • ■Recent Trackbacks

  • 中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar:ピアノもヴァイブもいけてるDon Thompson(07/03)
  • 中年音楽狂日記:Toshiya\'s Music Bar:Ralph Townerの魅力(05/01)


  • ■Category

  • 音楽/嗜好別の分類 (0)
  • Favorite Rare CD (52)
  • Favorite CD Jacket (5)
  • Favorite Tune (9)
  • 音楽/楽器別の分類 (191)
  • Piano (73)
  • Bass (10)
  • Drums (0)
  • Organ (1)
  • Baritone Sax (4)
  • Tenor Sax (11)
  • Alto Sax (2)
  • Soprano Sax (0)
  • Trumpet (3)
  • Trombone (0)
  • Clarinet (0)
  • Flute (0)
  • Guitar (6)
  • Vibraphone (3)
  • Harmonica (1)
  • Accordion (3)
  • Harp (1)
  • Strings (2)
  • Vocal (20)
  • Various  (28)
  • 音楽/編成その他の分類 (23)
  • Duo (8)
  • Old Piano Trio (Piano+Bass+Guitar) (2)
  • Drumless Trio (Piano+Bass+Horn) (2)
  • Female Musician (7)
  • Japanese Musician (1)
  • Bossa Nova (0)
  • Rock/Folk (0)
  • 2Horns (2)
  • 3Horns (0)
  • 4Horns (1)
  • Big Band (0)
  • Jazz Around (0)
  • 音楽以外/その他の分類 (29)
  • Book (4)
  • Cycling (1)
  • Photo (12)
  • Essay (0)


  • ■Archives

  • 2016年11月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年09月 (3)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (4)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (3)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (4)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (5)
  • 2011年05月 (3)
  • 2011年04月 (4)
  • 2011年03月 (2)
  • 2011年02月 (3)
  • 2011年01月 (6)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (6)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (8)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (3)
  • 2010年04月 (4)
  • 2010年03月 (5)
  • 2010年02月 (8)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (3)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (2)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (4)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (2)
  • 2008年08月 (4)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (1)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年04月 (1)