無料カウンター 満天ジャズCD倶楽部 2010年11月
 
 
 

■Profile

山帽子
  • 山帽子
  • ジャズの話題が中心ですが、時として話題はあらぬ方角へ飛ぶこともあります
                
  • RSS


  • ■Link

  • ゴイス音楽日記
  • 中年音楽狂日記
  • A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~ 
  • 豆腐に柳
  • 二流ジャズの愉しみ
  • Todo Sobre Mi Musica
  • Jazz from 43rd parallel north


  • ■Search



    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック(-) | コメント(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2010/11/28(日) 銀杏雑記

    その道沿いを通るたび、こいつは絶対に写真に収めたいと思う感動的に紅葉した銀杏の大木がある。昨日の朝、少し早めに家を出てその被写体をカメラに収めた。最近、こんな風に出先の街や出張先で邂逅する、ふとした風景や事物の撮影を小さな趣味としている。勿論プロのカメラマンではないし写真マニアでもないズブな素人、一眼レフで撮るわけではない。そこらに転がっているありきたりな小さなデジカメである。そういうカメラで撮るのも逆に面白いのである。逆にという意味が不明だが。
             

       
    011.jpg  005.jpg  015.jpg
                                                           
          
    017.jpg                                                                       


    ここからはジャズ盤の話。

    ジャズ盤の中でも誰にも教えずに密かに聴きたいと思っている盤もあれば、これは好い盤だから是非聴いた方がよいと薦める盤もある。この両者の違い、こうした明暗の分かれる心の作用はどうして生まれるのだろう。自分の姑息な心根を覗くと以下の要因が考えられる。

    ①その対象となる盤は現在流通しているか田舎、いや否かと言う事が重要性を持つ。流通しているのであれば問題なく後者の範疇に入る、つまり大らかに『これは好い盤だから是非聴いた方がよいと薦める盤』になる。なぜなら自らのコレクションの稀少性に影響がないからである。

    ②流通していない盤であって、再発の可能性のあるものは、出来れば余り騒ぎたくない盤である。言うまでもない、せっかく入手したものが一般の流通盤に堕すからである。しかし、これらの盤は遅かれ早かれ『真によい内容』であれば再発されてしまうと言うのが今までこの界隈を眺めてきた感想である。ここでいう『真によい内容』と言うのが飽くまでパーソナルな事なので議論の分かれるところなのであるが。

    ③流通していない盤であって、再発の可能性のないもの。②との違いが一般のジャズ・ファンには判別しにくいのであるが、一般性のある良い内容であっても何十年経っても再発されないものは②と分けて考えるべきだろう。これらは何の拘りもなく声高に推薦出来る盤である。しかし入手が極めて困難である。一部の人達から一枚の高額な廃盤を買う位なら多数の盤を買った方がよいというような意見を耳にすることがあるが、彼らは心の底から感動するような心打ち震える感動盤に邂逅したことのない不幸な人たちと言えよう。残念である。人生の有限性に気づいていないのだろうか。

    ここで問題となるのが②の盤であろう。少しマニアックなジャズを齧りかけている私の様な心の狭いジャズ・ファンが悶々とするところなのである。よくよく考えてみると③の範疇と思われていた盤でさえ再発となる奇跡的な現象が起こっている昨今、加えて老い先の見える射程の身であれば、詰まらない思惑に左右されることもあるまい。好いと思われる盤をどんどん広め、ジャズ良盤の裾野を広げることに幾許かでも寄与しなくてはならない(?)

    さて、そう言う事で今回の盤である。

    カナダのピアニスト:Steve Amiirault が1996年吹き込んだ極めつけのピアノ・トリオ盤。聴く度にその清冽なピアノと重厚なベースとが語る旋律の絡みに私的なピアノ・トリオの快感を深く感じている。カナダのピアニストという色眼鏡で見てはいけないのだろうが、(その心根の奥にはセンシティブで重厚で内向的なピアノ・トリオ=欧州という図式が既成概念のようにある)即座に想い出せるのがオスカー・ピーターソンを筆頭数名のピアニストしかいないのでこの盤の繊細さは実に意外な感じである。(カナダの)彼らは一様に強烈にスイングする技巧的な演奏を旨としているのでついつい私の中ではカナダ=オスピーの図式が成り立ってしまっているのである。大変に失礼なことだ。ここでいう失礼という言葉も意味が不明であるが。

    しかし、この盤は目にしたら即ゲットされたい。収録されるどの曲も極めて深遠、実に秀逸な演奏である。カナダ的イメージ(?)を払拭する盤である。

        
    Nov24_07.jpg
        Steve Amirault 『Reflecting Image』
      (1996年録音 Nu-Jazz Records NJZ-002)

        

    スポンサーサイト
    15:14 | トラックバック(0) | コメント(2) | Photo | Page Top


    ■2010/11/23(火) Antoine Herve の隠れ名盤

    ときたま胃が痛くなるのは、暴飲暴食の乱れた食生活が原因だ。珈琲は日に5~6杯ぐらいは飲み清涼飲料水の類いも結構いっているので胃だってきっと疲れるだろう。それに脂っこいものも身体に悪いと知りながら食べているのだから、こんなご主人様の胃袋に生まれついてしまった胃を代表する消化器系の臓腑達は後悔していることだろう。数日後に健康診断を控えているのだが、今回も要精研の印が何個か並ぶのだろう。まあ、救いと言えば酒も煙草も最近は止めていることぐらいだ。生来私の体はアルコール分解が得意ではないようなので酒は合わないと思っている。が、決して酔う事は嫌いではなく、寧ろ大好きである。酔った後の副産物さえ生産しないなら酒は大好きなドラッグだ。こんなストレス社会なのだから悪酔いしない合法的なドラッグを作ったって悪いものじゃないだろうに。

    この前、と云っても夏期休暇中、あまりの暑さにどうかしていたのだろう、或る手離してはいけないピアノ・トリオ盤を間違って売却してしまったらしい。何気なく売却のリストを眺めていたらあまりに査定が良いものがあり不審に思い気づいたのである。今ではそのリストを見なければよかったと悔やんでいる。アマゾンの海外サイトや他の中小の販売サイトを当たっても手離した盤はナシの礫、どんな検索エンジンでもノー・ヒットである・・・いやはや、後悔先に立たず、今一度廃盤の旅に出なくてはならない。

    欲しいジャズ盤もなくなったなぁと思う時もあったが、それは驕りであった。そう思ったのは過日某中古CDショップの片隅でAntoine Herve 1989年録音『Le Trio Antoine Herve + Daniel Humair』という盤を目にしたからである。こんなものがあったのかと自分の不明を深く恥じた。彼の盤で言えば1995年Label Blueの『Fluide』辺りが珍しい盤の頂点であろうとたかを括っていたのが間違いであった。この盤も『Fluide』同様ベーシストにFrancois Moutinを起用、相当大好きな曲なのであろう"Caravan"を懲りずに演奏している。因みに"Caravan"は1999年に録音されたNocturneの人気盤『Summertime』にも収録されていて、その拘りに関心した。知る限りこのエリントンの名曲は1989年上記の盤『Le Trio Antoine Herve + Daniel Humair』、1995年Label Blue 『Fuluide』、1999年Nocturne『Summertime』と都合3枚のアルバムに収録されていることになる。他にもあるのだろうか?
     

      
    Nov23_01.jpg             Nov07_02.jpg
             『Fluide』                      『Le Trio Antoine Herve+Daniel Humair』
       (1995年録音 Label Blue LBLC65861)            (1989年録音 SS90CD01)

    この 『Le Trio Antoine Herve+Daniel Humair』 盤、冒頭を飾る Les Feuilles mortes(枯葉)のイントロ部、数秒を聴いただけで内圧されている演奏エネルギーの高さが体感できるのである


    01:21 | トラックバック(0) | コメント(0) | Favorite Rare CD | Page Top


    ■2010/11/18(木) 廃盤雑記

    過日時間を捻出して久しぶりに某DUへ行ってきた。捻出と云ったが、何かを犠牲にして時間を稼ぎだした訳で、どこかにそのしわ寄せがいくのだろうが、短い人生に於いてはそれ程大それたことではない。定期的に中古CDショップを覗かないと精神的に変調をきたすのではないかと思っている。表立ってその兆候は現れないにしてもきっとどこか深いところで何かの歯車がすこしづつ正常値からづれていくような、そんな危惧を抱いている。フロイトの帰着がリビドーに向かったように(?)私の無意識下では何かの代償にジャズと古本に指向性が向いていると睨んでいる。それはジャズや古本でなくてもよいのかも知れないが。しかし幾許かでも何かに拘りを失くした時、人には一体何が残ると言うのだろう。

    そういう事で、数枚の中古CDを購入して来たが、廃盤とかいうレベルのものではない。唯々聴いて好いと感受性のメーターが大きく振れたものをなるべく余計なバイアスをかけずに求めると言うのが昔からの私の方針(?)である。時たま『廃盤』を名打ったものを見かけるが、大方はありきたりな廃盤で、内容が伴うものは少ない。

    今、『廃盤ブーム』は沈静化したというのが大方の見方であろう。ここらであのブームは何であったのか総括してみるのもよい時期なのかなぁと世代の古いオヤジの様な思考が過る。凡そオヤジは『総括』などという言葉を使いたがるのである(笑)そして大体において批評的な感じで纏めるのがオヤジ的な落としどころなのである(?) しかし、大前提な事を言えば、所詮音楽などは個人の好みの問題であることを頭の真中に置いて考えなくてはいけない。つまりは誰かの好みを笑ってはいけないのである。そこで今私が出来ることと云うとレア盤/廃盤で本当に好かった盤、感動した盤は何か?という極めて個人レベルの話と、何故そんな好い盤が廃盤となってしまったのか?と云うような雲を掴むような話題だけなのである。

    さて一体あのブームの中でこれはという盤って何だろう?何度聴いてもこれは好いと言う盤、心の奥底で感動した盤は何かという観点で真っ先に思い浮かぶのは Aydin Esenの『Aydin  Esen』である。当時はそのジャケの演歌歌手の様な姿に笑ったが、音楽の手品師=アイ・ポッドで聴くうちにこれは堪らない演奏だなぁと唸ってしまった。"Beauty"、”The Real Thing”、”It's Up To You”、”Pictures”、”Around Me”などは聴く度に益々深みが増す演奏である。そう言えば、最近再発盤が出されたが、ジャケ写的にはオリジナルより遥かに好い出来だと思う。近々買い換えようかと思っている。そして今更な盤であるが、Pacznski/Levinson/Jenny-Clark 『Levin' Song』の三位一体となった演奏は飛びぬけて素晴らしい。二匹目の泥鰌を狙ったようなピアノ・トリオ盤を何枚も目にするが、どれも及ぶものは未だない。勿論、三者の調和のとれた素晴らしい演奏に尽きるが、これは特にJenny-Clark の深遠なベースに拠るところが大なのではないだろうかと最近思い至っている。実に遅ればせながらピアノ・トリオにおけるベーシストの重責に気づく晩生なジャズ・ファンなのである。この関連は引き続き後日特集したい。

    と、ここまで記して筆を置いたのだが、盤紹介がないと何か座りが悪いのである。以下推薦盤を補足しておこう。

    Guy Lafitte が Jacky Terrasson ピアノ・トリオを従え1990年に録音した名盤 『The Things We Did Last Summer』である。渋みのある豪放なテナーと若きテラソンのピアノとのコントラストが堪らない魅力となっている。これがありきたりな老練なピアニストであるとこういう味わいにはならないかも。いや、そちらの落ち着いた演奏の方が好いという好みもあろうが、私はこういう取り合わせを選びたい。


                        
    Nov28_01.jpg

                    Guy Lafitte Quartette『The Things We Did Last Summer』

                        (1990年録音 Black & Bluee 59.192 2)

    23:13 | トラックバック(0) | コメント(0) | Favorite Rare CD | Page Top


    ■2010/11/07(日) エルビス と Ull Mock の雑記

    海外からCDを買ったりしていると可笑しな事に遭遇することがある。
    この前、フランスから届いたCDが縦長で、指の感触から、これは2枚入っているのだなと思った。で、鋏でチョキチョキと切って開封すると中から案の定2枚のCDが出てきた。一枚はCDそのものであったが、もう一枚は空のCDケース。よく見るとCDの方は未開封だがケースに斜めにヒビが入っている。そのために新しいケースを親切にも同送してくれたのだなぁとその親切心にジ~ンときた。フランスにも善人はいるのだと思った(笑)・・・しかし良く見てみると何とその空ケースにもヒビが入っているではないか! う~ン実に複雑な想いである。まあ、長旅をしてきたのだから割れてもしょうがないと思い善意だけ頂くことにした。また、おまけ話だが、送り状の間から何故かエルビスの荒いモノクロ写真のハガキがひらひらポロリと一枚落ちてきた。これもお店の名前が入っているところから善意で添えてくれたのだろう。池袋のCDショップ"だるまや"がCDの中に買い取りのチラシを入れているのと同じ行為であるのか、或は日本人は誰もエルビスが大好きだと思って添えてくれたのだろうか・・・う~ン 定かではない。これがそのエルビスのハガキ。。

         
    Nov07_19.jpg                  Nov07_20.jpg

             エルビスの葉書                 お店の宣伝


    さて今回は前回に続きジャズ・コンテストの話にしようか、古いアナログ盤復刻CDの話にしようか、お茶の水DU移転の話にしようか、その後の優れデュオ盤の話にしようか、・・・色々あって迷っている。

    このブログ、『廃盤』ジャズCD倶楽部などと名打っているが、なかなかストライクの話題が出しにくい。売れないCDは廃盤になるのは当たり前で、このブログでは勿論『優れた』という冠詞が付くのは言うまでもない。それなら何故『優れた』盤が廃盤となるのか?一部の評価は得られてたにしても時間の堆積に埋もれ不幸にも忘れられた盤だってあるだろうし、私たちの知り得ない複雑な事情が絡んだ廃盤を廻る様々な物語があるのであろう。第一、『優れた』というその前提でさえ所詮は個人的、感覚的な感想でしかない。ならば、客観性の保証などないのであれば、自分の感覚を盲目的に信じて突き進むしかないのである。日本人はエルビスが好きなのだとの思い込みは誰も笑えないのである。(?)

    Ull Mock というピアニストがいる。Satin Doll というベルリンのレーベルから数枚(3枚?) トリオ・フォームでリーダー作を出している。昔、国立DUでたまたま手にとって聴き、それ以来細々と聴き続けている。突飛に派手な事はしていないが聴く度にジワジワとその好さを感じている。例えばアイ・ポッドにアルバムの数曲を収録しようとする、通しで聴くとどの曲も入れたいと思うが、逆にこれと云う一曲が思い当たらない、そういう演奏なのである。それでも聴き進んでゆくとやっぱりこれは上手いし好いセンスだなぁと至る所で感心する演奏なのである。きっとどこかの学校で教鞭をとっているに違いない。(調べておこう・・) 94年と98年にこんな盤を出していて数年前にもう一枚出しているらしいが未聴である。これらは廃盤にはなっていないが、国内ではそれ程出回っていないと思う。

       
    Nov07_11.jpg                      Nov07_18.jpg  
          Ull Mock Trio 『How High The Moon』              Ull Mock Trio 『Drillng』           
     (1994年録音Satin Doll Production SDP1006-1)       (1998年録音Satin Doll Production SDP1023-1)
         

    15:15 | トラックバック(0) | コメント(2) | Piano | Page Top


    |


    10 2010/11 12
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -


    ■Recent Entries

  • ■Marcos Jimenez~ソロピアノの魅力(11/24)
  • ■ゆえあってエヴァンス・ヴィレッジヴァンガード・コンプリート盤を聴く(09/27)
  • ■アコギの夏 ~ラルフ・タウナー(08/08)
  • ■『Signal Sessions』の話 (07/17)
  • ■Grant Levin ~ジャズ盤蒐集再燃~(06/28)
  • Jazzお茶ノ水博士と幻のピアノ・トリオ盤の話(05/30)
  • Long Good Bye(09/19)
  • 海辺の再会盤の話(02/22)
  • 珍屋 ~"猫棚"稀少盤の話~(02/22)
  • 骨折とドン・トンプソンの話(01/25)
  • チャーリー・ヘイデン・フォーエヴァー!(01/12)
  • フランスのスタンダーズ盤 その他(01/07)
  • 謹賀新年(01/01)
  • Lina Nyberg の熟成はいつなされたのか?(12/30)
  • 深夜に聴いたピアノ・トリオ盤のこと(11/14)


  • ■Recent Comments

  • 山帽子(11/16)
  • Tetsuo Shimizu(10/13)
  • 山帽子(07/17)
  • Mae-chan(07/14)
  • 山帽子(07/11)
  • Tetsuo Shimizu(07/09)
  • 山帽子(06/27)
  • バード(06/09)
  • 山帽子(04/01)
  • バード(03/20)


  • ■Recent Trackbacks

  • 中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar:ピアノもヴァイブもいけてるDon Thompson(07/03)
  • 中年音楽狂日記:Toshiya\'s Music Bar:Ralph Townerの魅力(05/01)


  • ■Category

  • 音楽/嗜好別の分類 (0)
  • Favorite Rare CD (52)
  • Favorite CD Jacket (5)
  • Favorite Tune (9)
  • 音楽/楽器別の分類 (191)
  • Piano (73)
  • Bass (10)
  • Drums (0)
  • Organ (1)
  • Baritone Sax (4)
  • Tenor Sax (11)
  • Alto Sax (2)
  • Soprano Sax (0)
  • Trumpet (3)
  • Trombone (0)
  • Clarinet (0)
  • Flute (0)
  • Guitar (6)
  • Vibraphone (3)
  • Harmonica (1)
  • Accordion (3)
  • Harp (1)
  • Strings (2)
  • Vocal (20)
  • Various  (28)
  • 音楽/編成その他の分類 (23)
  • Duo (8)
  • Old Piano Trio (Piano+Bass+Guitar) (2)
  • Drumless Trio (Piano+Bass+Horn) (2)
  • Female Musician (7)
  • Japanese Musician (1)
  • Bossa Nova (0)
  • Rock/Folk (0)
  • 2Horns (2)
  • 3Horns (0)
  • 4Horns (1)
  • Big Band (0)
  • Jazz Around (0)
  • 音楽以外/その他の分類 (29)
  • Book (4)
  • Cycling (1)
  • Photo (12)
  • Essay (0)


  • ■Archives

  • 2016年11月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年09月 (3)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (4)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (3)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (4)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (5)
  • 2011年05月 (3)
  • 2011年04月 (4)
  • 2011年03月 (2)
  • 2011年02月 (3)
  • 2011年01月 (6)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (6)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (8)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (3)
  • 2010年04月 (4)
  • 2010年03月 (5)
  • 2010年02月 (8)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (3)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (2)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (4)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (2)
  • 2008年08月 (4)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (1)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年04月 (1)


  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。