無料カウンター 満天ジャズCD倶楽部 2010年12月19日
FC2ブログ
 
 
 

■Profile

山帽子
  • 山帽子
  • ジャズの話題が中心ですが、時として話題はあらぬ方角へ飛ぶこともあります
                
  • RSS


  • ■Link

  • ゴイス音楽日記
  • 中年音楽狂日記
  • A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~ 
  • 豆腐に柳
  • 二流ジャズの愉しみ
  • Todo Sobre Mi Musica
  • Jazz from 43rd parallel north


  • ■Search



    ■2010/12/19(日) ジャズは心の栄養となり得るか? 

    休日の今日、久しぶりに家人と買い物へ出かけた。電気屋、惣菜屋、喫茶店などに行ったのであるが電気屋は大型家電店、惣菜屋はデパ地下、喫茶店はコーヒー・ショップとなり、どこも落ち着きがなく味気ない。それぞれ昔ながらの個人商店は有るのだろうが探してゆくような時代となってしまった。

    今、私のジーパンの尻ポケットに突っ込んでいるのは伊坂幸太郎著『週末のフール』という小説である。あと3年で小惑星が地球に衝突し人類が全滅するという設定を基に幾つかの物語を綴ったものだがどの物語も面白い。面白いという意味あいもそれぞれ多様性があるのだが。以前も記したが興味深い本が手許にあることは幸せの小さな源泉である。小さなものから幸福感が得られるのは大きな幸せである(?)

    今日はピアノではなくヴィブラフォンだなという日がある。それは帰宅途中どうしても鰻が食いたいなぁと衝動的に思ったりすることに似ていて上手く理由を言葉に出来ないのだが、鰻同様身体が栄養の失調を訴えている(?)のかも知れない。そういう日が定期的に訪れるので感動的な鰻の、いやヴァイブ盤のストックを幾枚か所持していなくてはならない。鰻なら美味しい鰻屋へ行けば食わせてくれるだろうがヴァイブとなると美味しいヴァイブ屋がある訳ではないので買置きが必要なのである。ジャズ盤の蒐集はもしかしてそういう備えの意味合いが幾分はあるのではないかと思っている。そういう意味でジャズは何らかの心の栄養であると言えよう(笑)

    過日、某DUの廉価盤の籠の中から思わぬ拾いものをした。『Francesco Lo Cascio Vibes Trio』という1996年に録音されたイタリア産のCDだ。#1 "Nardis"が収録されていて一聴、その素晴らしさに心動いた。感動の壺を刺激して止まないロッカシオの緩急自在なマレット捌きも然ることながら、Robertto Gattoの奥ゆかしい繊細なドラム捌き、そして何より感動したのが重厚にして深遠、メロディアスなGiovanni Tommasoのベースである。また、3曲にStefano Di Battistaのサックスが参加し、エキサイティングで美しい演奏を聴かせる。確か以前彼のパーカー・トリビュート盤に甚く感動した記憶があるが、相変わらず熱いブローである。#7 "Romantic Heart"では艶やかなサックスにヴィブが絡む様にため息が出るほどで、切なくも美しい。 #9 "Someday My Prince Will Come" 、ロッカシオのヴァイブがファンタスティックなソロからお馴染みのメロディを紡ぐ導入部は何度聴いても感動的だ。これほどの盤がこういうワゴンに沈んでいてよいものか。店の処遇に憤りさえ感じてしまう。もっと高額でトレードされるべき盤であろう。

              
    Dec19_01.jpg   
                    Francesco Lo Cascio 
               『Francesco Lo Cascio Vibes Trio』
            (1996年録音 Via Veneto Jazz VVJ013)


    スポンサーサイト



    23:40 | トラックバック(0) | コメント(0) | Vibraphone | Page Top


    |


    11 2010/12 01
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    ■Recent Entries

  • ■Marcos Jimenez~ソロピアノの魅力(11/24)
  • ■ゆえあってエヴァンス・ヴィレッジヴァンガード・コンプリート盤を聴く(09/27)
  • ■アコギの夏 ~ラルフ・タウナー(08/08)
  • ■『Signal Sessions』の話 (07/17)
  • ■Grant Levin ~ジャズ盤蒐集再燃~(06/28)
  • Jazzお茶ノ水博士と幻のピアノ・トリオ盤の話(05/30)
  • Long Good Bye(09/19)
  • 海辺の再会盤の話(02/22)
  • 珍屋 ~"猫棚"稀少盤の話~(02/22)
  • 骨折とドン・トンプソンの話(01/25)
  • チャーリー・ヘイデン・フォーエヴァー!(01/12)
  • フランスのスタンダーズ盤 その他(01/07)
  • 謹賀新年(01/01)
  • Lina Nyberg の熟成はいつなされたのか?(12/30)
  • 深夜に聴いたピアノ・トリオ盤のこと(11/14)


  • ■Recent Comments

  • 山帽子(11/16)
  • Tetsuo Shimizu(10/13)
  • 山帽子(07/17)
  • Mae-chan(07/14)
  • 山帽子(07/11)
  • Tetsuo Shimizu(07/09)
  • 山帽子(06/27)
  • バード(06/09)
  • 山帽子(04/01)
  • バード(03/20)


  • ■Recent Trackbacks

  • 中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar:ピアノもヴァイブもいけてるDon Thompson(07/03)
  • 中年音楽狂日記:Toshiya\'s Music Bar:Ralph Townerの魅力(05/01)


  • ■Category

  • 音楽/嗜好別の分類 (0)
  • Favorite Rare CD (52)
  • Favorite CD Jacket (5)
  • Favorite Tune (9)
  • 音楽/楽器別の分類 (191)
  • Piano (73)
  • Bass (10)
  • Drums (0)
  • Organ (1)
  • Baritone Sax (4)
  • Tenor Sax (11)
  • Alto Sax (2)
  • Soprano Sax (0)
  • Trumpet (3)
  • Trombone (0)
  • Clarinet (0)
  • Flute (0)
  • Guitar (6)
  • Vibraphone (3)
  • Harmonica (1)
  • Accordion (3)
  • Harp (1)
  • Strings (2)
  • Vocal (20)
  • Various  (28)
  • 音楽/編成その他の分類 (23)
  • Duo (8)
  • Old Piano Trio (Piano+Bass+Guitar) (2)
  • Drumless Trio (Piano+Bass+Horn) (2)
  • Female Musician (7)
  • Japanese Musician (1)
  • Bossa Nova (0)
  • Rock/Folk (0)
  • 2Horns (2)
  • 3Horns (0)
  • 4Horns (1)
  • Big Band (0)
  • Jazz Around (0)
  • 音楽以外/その他の分類 (29)
  • Book (4)
  • Cycling (1)
  • Photo (12)
  • Essay (0)


  • ■Archives

  • 2016年11月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年09月 (3)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (4)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (3)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (4)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (5)
  • 2011年05月 (3)
  • 2011年04月 (4)
  • 2011年03月 (2)
  • 2011年02月 (3)
  • 2011年01月 (6)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (6)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (8)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (3)
  • 2010年04月 (4)
  • 2010年03月 (5)
  • 2010年02月 (8)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (3)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (2)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (4)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (2)
  • 2008年08月 (4)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (1)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年04月 (1)