無料カウンター 満天ジャズCD倶楽部 2011年02月
 
 
 

■Profile

山帽子
  • 山帽子
  • ジャズの話題が中心ですが、時として話題はあらぬ方角へ飛ぶこともあります
                
  • RSS


  • ■Link

  • ゴイス音楽日記
  • 中年音楽狂日記
  • A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~ 
  • 豆腐に柳
  • 二流ジャズの愉しみ
  • Todo Sobre Mi Musica
  • Jazz from 43rd parallel north


  • ■Search



    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック(-) | コメント(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2011/02/27(日) これはジャズではない・・・

    今更もう考えることも滅多に少なくなったが、ジャズをジャズとしているものとは何だろう? ルーツ的な事を言えばブルーズや労働歌(同じことか?)等々の泥臭いところが底の底の方に流れている事なのかなぁとぼんやり思ったりしている。そんな泥臭さをどこかに含有していないとジャズとしてはどうやらイケないようなのである、誰が決めたか定かではないが。

    それらの不文律な決めごとは入門書にもそのエッセンスの含有率、何%のエッセンスがあればジャズとするのかについては言及されていない。しかし、恐ろしいことに時たま偉いジャズ評論家の先生が『これはジャズではない・・・』と声高にまた或る時は説得力のある口調で説かれたりすると成程、そういうものなのかと思ったりしてしまう。同時に心の片隅には "どうなんだろうなぁ"という小さな疑問符が揺れる。

    例えば私のような素人のジャズ入門者が覚えたてのテンション・ノートを少し塗したりすれば下手クソなピアノだって如何にもジャズ風な感じがして嬉しくなってしまうが、アジアの片隅に土着的に生息するモンゴロイドに前出の泥臭いジャズのサムシングを表出させることなど土台不可能である。そんな感想をもっている。

    『これはジャズではない・・・』と言う、少なくとも異国のプロのミュージシャンに対して断言する根拠とは一体どういうものなのだろう? それらはスイング感が感じられない、ノリが悪い、私には好みでないという位が関の山で、『これはジャズではない・・・』などとは言えるものではない。モンゴロイドであるジャズ評論家に不信感を表する所以である。

    今日、椅子をハイバックの少しリッチなものに買い変えた。その椅子を前後にスイングさせながらジャズを聴いている。 この至福のひと時に聴く音楽がジャズであろうとなかろうと大きなお世話だ、などと不良中年が大人げないことを考えている。

    泥臭いジャズもそうでないジャズも私たちは美味しい珈琲を賞味しながら快適な環境で聴いている。『これはジャズではない・・・』というあなたはきっと驚くほど高価な再生機で享受しているに違いない。何か上手く口に出来ないが途方もない違和感を感じてしまうのだ。斯く言う云う自分にもあなたにも。

    さて、最近の購入盤でコメントしたいと思うのは又してもマイナーな盤で、そして又してもワンテンポ遅れた盤ばかりである。私的には充分『今』な感じの音だと思うが、最先端のジャズを聴かれる方には2000年の録音はどう感じるのだろうか? で、今回はChris Kaseというトランペッターの盤である。と云っても私はこのトランペッターを良く知らない。実のところ購入動機は参加のケニー・ホイーラーとアルバート・ボバーの名前をジャケ裏に認めたからである。伴に大好きなトランペッターとピアニスト、思わず手が伸びる。一聴するとこれも大好きなトランペッターAlexander Sipiaginの傑作盤『Images』を想起させる。あの盤もそうであるが、北欧的な哀愁感を湛えた静謐・・・私的にはケニー・ホイーラー系と勝手に命名しているが(笑)・・・どこまでも遠い寂寥感に満ちた音楽である。そしてまさにこの盤には当のご本人ケニー・ホイーラー太祖が参加されている。どこまでがホイーラーで、どこからがケースなのか定かではないが、只管その哀愁と寂寥に浸るしかないのだ。そして忘れてならないのがアルバート・ボバーである。ボバーと云うとあの名作『Live In Jamboree』。キレのいい粒立ったピアノに疾走されたら言葉を呑んで感動に身を任せるしかない。そんな優れた下準備の整った盤、これがジャズであろうが無かろうが全く関知することではない。全曲アイポッドに収録した奇跡的な私的名盤である。

            
    Jan2701.jpg
            Chris Case 『A Song We Once Knew』
       (2000年バルセロナ録音 Satchmo Jazz Records SIR CD 00021J)

    スポンサーサイト
    13:55 | トラックバック(0) | コメント(7) | Trumpet | Page Top


    ■2011/02/18(金) 最近の感激盤など

    近頃少しジャズに熱い。思わぬところで意外な好い盤に廻り会うことが多いからだ。

    今更なことだがジャズの奥深さ、というより幅広さに驚く。傾聴の強弱はあるが、何年、何十年とジャズを聴いてきたのにまだまだ聴いていない盤、知らないジャズメンが星の数ほどいるのだ。加えて最近のピアノ・トリオ・ブームに乗って自主製作盤を吹き込む若き才能が世界中から続々と登場する。

    頓珍漢な事を言っているかも知れないが、これほどのブーム、特にピアノ・トリオ・ブームはジャズ天国:日本だけの現象なのかなぁと思っている。で、そういう需要に世界中のピアニストがこれは絶好の市場だと色めき立っている、そんな構図を想い浮かべたりしている。そんな妄想に幾分の真実があるとすれば、これでは時間と金銭がいくら有っても追いつくものではない。特に時間と金銭が慢性的に欠乏する私には極めて絶望的な展望である。しかし勿論極私的な尺度での話であるが、全部が全部優れた盤でないことは明白なので取捨選択が必要になる。そういう訳で私はますます慢性的な睡眠不足、そして金銭不足となるのである。

    さて今回はJan Johansson の作品を採りあげたいと思う。実のところ彼の作品には何度も痛い思いをしているので買っては売り買っては売りという事を数回繰り返し、流石に鈍な私でも、もういいかなという学習に至ったのである。そういう事なので定番とされるMegafon盤『8Bitar Johansson』『Inner Trio』やブルー基調のソロピアノ盤、等々は聴いていたし、最近のピアニストに慣れた耳には少しシンドイなぁというのが正直な感想であった。しかし不思議なもので頭のどこそこで北欧ジャズの奔り的ピアニストである彼に対し尊敬の念は拭い去れず、中古盤に巡り合うとついつい試聴してしまうのである。そんな過日のこと、ダメモトで試聴したJan  Johansson 『Intervju Med Ett Piano』という盤に甚く感動してしまった。どうやらコンピ盤らしく彼のピアノ・トリオ演奏が半数、Stan Getz,Arne Domnerus、Lars Gullin、Erik Nordstrom、Gunnar Johnson、Benny Bailey等 錚々たるメンバーとの共演が半数ほどの豪華盤である。特に表題になった"Interjuv Med Ett Piano"のピアノ・トリオ演奏には甚く感動した。彼特有な硬質なタッチが何故か以前聴いた時とは全く違う印象で迫り、その深い哀愁感に心撃たれたのである。 Jan Johansson ファンには叱られるかも知れないが私的にはこれ一枚があれば好いかなと思っている。収録は全17曲でピアノ・トリオ・フォーム8曲、5管1曲、2管1曲、テナーSカルテット3曲、アルトSカルテット4曲の構成で、どこの原盤から引いてきたのかは不明である、中でもゲッツ参加が4曲あり、内1曲はラース・ガリンも参加しているという驚きの音源である。音質もスタジオで充分なクオリティだ。

                      
    Feb1913.jpg
                    Jan  Johansson 『Intervju Med Ett Piano』
                          (録音年不明 ROSACD61 )

    最近の入手盤ではこれは外せないだろう。ドラマー・リーダー盤 Harald Ruschenbaum Quintett 『Free Spirits』である。このドラマーはyvp musicなどで活躍している。録音は古く1992年(多分)ミュンヘン。Heinz Frommers:ピアノ、Johnnes Enders:テナー、Adrian Meart:トロンボーン、Eujin Apostolidis :ベース等、久しぶりに深い奥行きを感じさせる演奏であった。特にテナーが絞まった好いアドリブを聴かせてくれ感激である。まさにマイナー盤 万歳! である。

                         
    Feb0612.jpg
                        Harald Ruschenbaum Quintett 
                              『Free Spirits』
                         (1992年録音 Pro Jazz 001)                                     
                                     

    23:48 | トラックバック(0) | コメント(0) | Favorite Rare CD | Page Top


    ■2011/02/14(月) ピアノ・トリオ優れ盤あれこれ

    CD化初期、黎明期に製作されたものなら尚最高だが、程々の古色で世評に上ることなく忘れ去られた盤を奇跡的に大量にゲットできた日、欲を言えば休日を控えた日であれば尚好ましいが、深夜独り、美味い紅茶とクッキーをやりながら一枚づつその来歴などを想いながら聴くと云うのが私のささやかな幸せである。『ささやかな』と言ったが、当の本人には掛け替えのない最上の喜びである。しかし、このような取るに足りない事を大の大人の至上な喜びとしてよいものか、と常識的な一方の自分が『ささやかな』と言わしめているのである。いやはや分裂した自己である。

    そいう風にして極私的名盤をコツコツ蒐集してきたのだが、果たしてそれらが一般的な評価を得るものかは疑問である。強がる訳ではないがそれを望んでいる訳ではない。へそ曲がりな私の真のところは寧ろ逆で、マイノリティこそ我が身上である(?)。

    相変らず集中力のない私はいつでもブログのアップを中途半端なところで終えてしまうので、当初の筆の勢いのようなものが殺がれ熱い思いが持続することがない。

    マイナーこそが身上だと言いながらも今日は海外のウェブサイトに頼んでおいたヒロシマのファースト・アルバム『Hiroshima』がまさに忘れた頃に届いたので懐かしんで聴いた。嘗て、と云っても、もう既に30年も昔アナログで聴いていたフュージョンだが、そのうちに収録されている”Kokoro”という曲が忘れられずにいたのだ。何故かこの曲だけはアイチューンでも揃えておらず、10ドルもしないので購入した。それにしても好い演奏だ、思わず目頭が熱くなった。今にして思えば典型的な東洋志向型のバンドであるが、日系クオーター辺りでないと醸すことのできない音楽だったのかも知れない。生粋の日本人は寧ろ大方西洋を志向してしまう。一部邦楽で好い感じなものを聴いたことがあり感動した覚えがあるが、他のジャンルでも日本の幽玄、侘び、寂び等独自の感受性を発露させてもらいたいものだ。嘗て一時そんな風潮が盛り上がったこともあったが、既に昔のこととなった。

    さて、メカ音痴な私はアイポッドに収録した数千曲の音源を一挙に散逸してしまったのであるが、今まさに失地回復、起死回生、文芸復興(?)な作業、つまりは再びのアイポッドの収録作業を着々と進めているのである。これらについては何度も記しているので重複は避けたいが、強がりでなくメリットがあることは強調しておきたいところである。アイポッドをお持ちで且つ時間的余裕がある方には一度全部を私の様にチャラにしてみるのも良いかも知れない(笑)。再び真っさらなところからスタートしてみると何かが見えてくるかも知れないからである。

    そう言う事で、今回は収録の初回と比して甚く感動した盤、ギャップのある盤を取り上げたい。飛び抜けた集中力と時速200kmくらいで走る疾走感(嘗て深夜の高速道路を走った経験から言うが・・・笑)とを兼ね添えたピアノ・トリオ。これは凄いなぁと感じ入った盤である。Oliver Friedli Trio が2001年に録音したスイス産のピアノ・トリオの傑作 『Inside Outside』 である。バーコードも背表紙のクレジットもない雑な作りを見ると自主製作盤であるかも知れない。ライナーには唯、録音風景写真と曲名がクレジットされるのみ、実にシンプルであるが、逆に好感が持てる。いや、パラパラと捲ると少しだけ本人のコメントが記されている、が、しかし残念ながら異国語は理解できないのであった。ラックの奥にひっそりと挟まっていた可哀想な盤、今日から表舞台に出してあげよう。極めて秀逸。

                 
    Feb1301.jpg
                Oliver Friedli Trio 『Inside Outside』
                     (2001年録音 ―) 

    さてもう一枚。これはLabish Trioという多分マケドニア共和国(?)のピアノ・トリオ、1995年録音作品である。ピアニストはDragisha Soldatovich -Labish と云う、どう発語してよいのか分からない難解な名前である。ライナーの内にある自身の写真も芸術家―例えばダリのように少し気難しい印象を受ける。演奏はピアノ主体のトリオで、外見の難解さとは裏腹、分かり易い美メロで構成される。しかし随所に拘りの手癖(クリシェ)が出てくるところなど、やっぱりなぁと云う感じである。だが、決して嫌いな演奏ではない。寧ろ愛着が湧き好ましい。味わい深い盤である。

                 
    Feb1401.jpg
                         『Labish Trio』
                     (1995年録音 SJF105)

        

    00:02 | トラックバック(0) | コメント(0) | Piano | Page Top


    |


    01 2011/02 03
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 - - - - -


    ■Recent Entries

  • ■Marcos Jimenez~ソロピアノの魅力(11/24)
  • ■ゆえあってエヴァンス・ヴィレッジヴァンガード・コンプリート盤を聴く(09/27)
  • ■アコギの夏 ~ラルフ・タウナー(08/08)
  • ■『Signal Sessions』の話 (07/17)
  • ■Grant Levin ~ジャズ盤蒐集再燃~(06/28)
  • Jazzお茶ノ水博士と幻のピアノ・トリオ盤の話(05/30)
  • Long Good Bye(09/19)
  • 海辺の再会盤の話(02/22)
  • 珍屋 ~"猫棚"稀少盤の話~(02/22)
  • 骨折とドン・トンプソンの話(01/25)
  • チャーリー・ヘイデン・フォーエヴァー!(01/12)
  • フランスのスタンダーズ盤 その他(01/07)
  • 謹賀新年(01/01)
  • Lina Nyberg の熟成はいつなされたのか?(12/30)
  • 深夜に聴いたピアノ・トリオ盤のこと(11/14)


  • ■Recent Comments

  • 山帽子(11/16)
  • Tetsuo Shimizu(10/13)
  • 山帽子(07/17)
  • Mae-chan(07/14)
  • 山帽子(07/11)
  • Tetsuo Shimizu(07/09)
  • 山帽子(06/27)
  • バード(06/09)
  • 山帽子(04/01)
  • バード(03/20)


  • ■Recent Trackbacks

  • 中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar:ピアノもヴァイブもいけてるDon Thompson(07/03)
  • 中年音楽狂日記:Toshiya\'s Music Bar:Ralph Townerの魅力(05/01)


  • ■Category

  • 音楽/嗜好別の分類 (0)
  • Favorite Rare CD (52)
  • Favorite CD Jacket (5)
  • Favorite Tune (9)
  • 音楽/楽器別の分類 (191)
  • Piano (73)
  • Bass (10)
  • Drums (0)
  • Organ (1)
  • Baritone Sax (4)
  • Tenor Sax (11)
  • Alto Sax (2)
  • Soprano Sax (0)
  • Trumpet (3)
  • Trombone (0)
  • Clarinet (0)
  • Flute (0)
  • Guitar (6)
  • Vibraphone (3)
  • Harmonica (1)
  • Accordion (3)
  • Harp (1)
  • Strings (2)
  • Vocal (20)
  • Various  (28)
  • 音楽/編成その他の分類 (23)
  • Duo (8)
  • Old Piano Trio (Piano+Bass+Guitar) (2)
  • Drumless Trio (Piano+Bass+Horn) (2)
  • Female Musician (7)
  • Japanese Musician (1)
  • Bossa Nova (0)
  • Rock/Folk (0)
  • 2Horns (2)
  • 3Horns (0)
  • 4Horns (1)
  • Big Band (0)
  • Jazz Around (0)
  • 音楽以外/その他の分類 (29)
  • Book (4)
  • Cycling (1)
  • Photo (12)
  • Essay (0)


  • ■Archives

  • 2016年11月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年09月 (3)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (4)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (3)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (4)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (5)
  • 2011年05月 (3)
  • 2011年04月 (4)
  • 2011年03月 (2)
  • 2011年02月 (3)
  • 2011年01月 (6)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (6)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (8)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (3)
  • 2010年04月 (4)
  • 2010年03月 (5)
  • 2010年02月 (8)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (3)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (2)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (4)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (2)
  • 2008年08月 (4)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (1)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年04月 (1)


  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。