無料カウンター 満天ジャズCD倶楽部 2011年10月
 
 
 

■Profile

山帽子
  • 山帽子
  • ジャズの話題が中心ですが、時として話題はあらぬ方角へ飛ぶこともあります
                
  • RSS


  • ■Link

  • ゴイス音楽日記
  • 中年音楽狂日記
  • A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~ 
  • 豆腐に柳
  • 二流ジャズの愉しみ
  • Todo Sobre Mi Musica
  • Jazz from 43rd parallel north


  • ■Search



    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック(-) | コメント(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2011/10/23(日) 魅惑のバリトン・サックス 或はジム・リドルの参加盤

    腹立たしい事。

    ジャズ・マニアの一途な心理を利用しアコギな商売をする某ウェブ・ショップがある。某ピアノ・トリオ廃盤CDをウェブ・ショップで4500円(・・・これとて高すぎる)で販売し、一方同じ商品をヤフオクで5000円で即決落札、同時に同じヤフオクで販売を知らない者に即決なしで競売をはかった。つまり同じ商品を4500円、5000円、・・・・円の値段で販売し暴利を貪ろうとしたのである。全くジャズ・マニアの心理を逆手に取ったアコギな商売である。独占販売らしく、やり放題である。法的には問題ないとしても、ジャズ・マニアの信義則に反する行為だと思う。不味い蕎麦屋に、"おたくは不味いからもう来ないよ"と言う必要がないのに似て大人げないことかも知れない。不味い蕎麦屋には黙って行かなければいいことだからだ。しかし、つい黙っていられなくなってしまった。馬鹿馬鹿しい、忘れよう。

    これから先もずっと聴き続けだろうという確信ある盤を紹介したい。

    好きなバリトン・サックスの奏者:Denis DiBlasio の4枚のアルバム 『Catch Me』(1993年録音)、『Seven Giant Steps To Heaven』(1993年録音)、『Perpetual Baggage Claim』(1999年録音)、それに少し遅れて 『View From Pikes』(2006年録音)である。これらの盤のトピックス、勿論リーダーはバリトン・サクソニスト:Denis DiBlasio  であるが、この盤の魅力の半分を担うと思われるピアニスト:ジム・リドルが参加していることである。ジム・リドルはご存じのとおりかの名盤『Five Minutes To Madness And Joy』(1996年録)、Thamas Stabenowのリーダー作ではあるが実質ジム・リドル作品だと思っている『Human Spirit』(1992年録)、また、近年同様リーダー作ではないがDon Franta Trio 『Segment』(2004年録)があり、どの盤もジム・リドルの類稀なスキルとセンスの好さが傑出したピアノ・トリオ盤である。特に1993年録音『Catch Me』と『Seven Giant Steps To Heaven』、『Perpetual Baggage Claim』のバックを飾るジム・リドル・トリオは名盤『Five Minutes To Madness And Joy』と全く同じ面子(Darryl Hall:b Jim Miller:ds)まさに鉄壁の布陣である。

    それにしても、何と切れ味の好いバリトンだろう。軽々とアルトの様なフレージングが炸裂する。それらを楽々サポートするのは ジム・リドルと彼のトリオ(『Perpetual Baggage Claim』ではtpとOboeが加わる、『View From Pikes』ではドラム・レス)。モーダルな演奏で一際切れ味が冴える、ジムとデニスの紡ぐ美メロ・フレーズが随所に輝く。数曲のバラッズで見せるしめやかな大人の演奏は付け焼刃で為せるものではない。★印で評価するなら満天★★★★★。それにオマケ☆を付けたいと思っている(笑)・・・オマケはよくぞジムとデニスが共演してくれた、その運命に対してだ。

    Oct2308.jpg    Oct2501.jpg     Oct2601.jpg     Oct2303.jpg
      
     Denis DiBlasio            Denis DiBlasio Quintet        Denis DiBlasio            Denis DiBlasio       
         『Catch Me』       『Seven Giant Steps To Heaven』     『Perpetual Baggage Claim』      『View From Pikes』
         1993年録音               1993年録音               1999年録音                          2006年録音
     (Liscio Records LAS-11193)   (Liscio Records LAS-38932)    (EAR-1038 )             (Denis Diblasio Music DMJ-1096) 


    スポンサーサイト
    21:43 | トラックバック(0) | コメント(8) | Baritone Sax | Page Top


    ■2011/10/15(土) 音を重ね合わせる

    最近、出かける時カメラを持ち歩く事が多くなっている。小ぶりのデジカメが好い感じな写真を撮ってくれるからだ。今使っているカメラはレンズが驚くほど明るく澄み亘った青空や深みある葉っぱの発色が特に優れている。嘗て使っていた一眼よりも使い勝手がいい。そういう事で浦松寿輝の本でも懐にして雨模様の散策も悪くはないが、やはり今の季節、からりと晴れた秋空のもとをカメラを提げてブラブラするのが好い。で、今日の雨は少しばかり恨めしい。


     
      
    019 - コピー    087 - コピー
       庭に咲く花々                            金木犀と青空                              

    写真も然ることながら、最近ジャズでは多管もの(?)に嵌っている。嘗てはそれ程興味がなかったのだが、遅ればせながら複数の管楽器が織りなす音色の妙に感じ入っている。再発されたのが嬉しい一枚がこれだ。これほど素晴らしい盤、そうはない。

       Sep2305.jpg
          Swiss Jazz Summit『Meret's Delight』
               (1990年録音 TCB9110)
      
          
         

    22:57 | トラックバック(0) | コメント(3) | Favorite Rare CD | Page Top


    ■2011/10/13(木) 秋に聴く

    散歩の途上、見上た空の青がどこまでも深い。道端のコスモスの薄紫が風に揺れている。風に爽やかさが載り、木漏れ陽が優しい。ふと立ち止まり胸の奥までその気配を吸い込む。なんという深い寛ぎだろう。珈琲の香り漂う窓辺の読書が嬉しい。ジャズのバラッズが心の襞にまで沁みる。浮足立った夏が終わり、大好きな季節に移行したのだ、秋の到来である。

    Turk Mauroは熊の様だ。1977年に録音された『The Underdog』のジャケットに写る姿だ。しかし面子を見れば優れた演奏が予見できる。Hugh Lawson のピアノ・トリオに数曲Al Cohnのテナーが加わる。思ったとおり秀逸。

             
    Oct1301.jpg
               Turk Mauro 『The Underdog』
             (1977年録音 Storyville STCD8265)

    1988年、 『Love Songs』 を吹き込む。Bobby Forrester のハモンド・オルガンをバックにした音源が半数、Jimmy Rowles 、Phillippe Milanta 各ピアノ・トリオでの吹き込み(伴にベースはPierre Boussaguet) が半数。殆どが表題通り『Love Songs』でTurk Mauroのテナーが心の奥まで沁みる。相変わらずの武骨なジャケだがこのアルバムは彼の母に捧げられどこまでも優しい。 

              
    Oct1302.jpg
        
                  
    Turk Mauro 『Love Songs』
         (1988年1990年録音 Bloomdido Production BL009)       


    23:35 | トラックバック(0) | コメント(2) | Tenor Sax | Page Top


    ■2011/10/10(月) 来年、きっと・・・

    今 私のアイポッドで当面の一番人気はアート・ペッパーのこの曲だ。ペッパー前期の吹き込み"May Be Next Year" (4:21) である。これは殆どピアノ・トリオ曲が上位を占める私のアイポッドでは、異色とも言える。収録されているLP『Smack Up』(コンテンポラリー)は『ミ-ツ・ザ・リズムセクション』があまりに有名過ぎて影に隠れてしまい、それほど騒がれることはない盤である。(・・・いや、もしかして何処かで大きく話題になっている盤かも知れない。嘗てジャス喫茶などで根強い人気盤であったかも知れない。それほどのペッパー・ファンじゃないから判らないだけかも・・・) それにしてもこの一曲だけは特別好ましいなぁ。アイポッドに何時入れたか忘れたが、ふと或る時"耳"に留まり、以来聴き続けていたらいつの間にか聴いた回数が昂じて再生頻度トップに躍り出ていた。

    先ずは題名が素敵だ。 "May Be Next Year" 多分来年あたりと言う意味だろうか・・・何か脱力するようなネーミングだ。音楽を聴くとタイトルに誘発され或る情景がリアルに想起されるような曲がある。例えば この曲の情景とは、こんな感じだ・・・季節は晩夏、蜩の鳴く声が遠く微かに聴こえるけだるい夕暮れ、窓辺に寄り添って女性が暮れて行く山並みを静かに眺めている。"May Be Next Year” 思慕する男性の最後の言葉と情景を何度も回想している。決して果たされることのない儚い約束と知りつつも待つ・・・そんなイメージだ。そんな情景の故か、ありきたりなバラッズが不思議と心の奥に沁みてならない。この曲だけが何故か(ジャック・シェルドンが抜け)ペッパーの一管。ピート・ジョリーのピアノも朴訥だ。

                      Oct1001.jpg 
                       Art Pepper Quintet『Smack Up』
                     (1960年録音 Contemporary VDJ-1580)
                       #5 "May Be Next Year“
        

    日本人だからか生まれついた性だからか、或は後天的な環境がそうさせたのかわからないが、歳をとるにつれて儚いものに強く心惹かれるようになってきた。そう言う事でマイナーで消え入りそうな儚い演奏ばかりを愛聴する私はどう見ても根暗者である。

    続いて頻度高く聴く曲は John Coates Jr. "Tune No.11" 。センスが光る秀逸なピアノ・トリオ演奏だ。嘗てこのブログでも紹介した盤であるが、つくづくJohn Coatesは素晴らしいと思っている。しかし残念ながら入手できる音源が少なく、止むなくこの盤を何度も聴くこととなっている。どこぞに John Coates の優れ盤がないものかなぁ・・・

                      Oct1002.jpg 
                             John Coates Jr. 
                            『The Trio Session』 
                   (録音年不明 Pacific St Records PSR0013 ) 
                                    

    21:23 | トラックバック(0) | コメント(2) | Alto Sax | Page Top


    ■2011/10/02(日) ジャズ本のはなし

    昔の話。

    本棚を整理していると、大枠の本棚の奥から数冊の古い本が出てきた。そのうちの一冊は特に馴染み深いものであった。しかし今では全く参照する用途はなくなってしまっている。1979年、30年以上も昔、今は亡きスイング・ジャーナル社から発行された『ジャズ・レコード百科’79』という'79年5月臨時増刊の雑誌である。当時は貴重な情報の収集源であった。この手の本は過去たくさん出版されただろうから特別変わった趣向があるものではない。けれどこのボロボロになったムック本はそんな本の奔り的存在であったろう。

    当時フュージョン全盛、例に漏れずこれ等ライト・ミュージック(?)を聴き漁っていた私だったが、どこかこの明るいスカスカ感に違和感を覚え初めていた頃でもあった。時に伝統的な昔ながらのジャズに何かを求め、密かに聴いていたのであった。そんなときに、この本を駅前の書店で目にしたのだった。パラパラとページをめくると魅惑の盤が写真入りで掲載されている。当時留年を繰り返す貧乏学生だった私は金がなく(実はいまだ?・・・)、この機を逃すと絶対に買えなくなってしまうと思い、当時付き合っていた女性からお金を借りてまでして入手した本である。 (多寡だか¥1600の値段である・・)

    ヤレヤレである。このボロボロになった本を手に取ってみると、様々な感慨が去来する。・・・よくも厭きもせず長いことジャズを聴いてきたものだという想い、それに長い時間をかけて喪失してしまった様々ものが次々と想い起こされる。全く、ヤレヤレである、善くも悪くも。・・・湿っぽい話は沢山あるが今日は止めておこう。
                        
    『ジャズ・レコード百科’79』の内容だがジャンルを5つに分け、時代を反映してか Fusion(300選)を筆頭 Modern(800選)、Classics(200選)、Vocal(200選)、Japan(200選)という構成。都合1,700枚を紹介していることになる。今思えば欧州盤や豪州盤など殆ど紹介されていないのが寂しい。 それにピアノ・トリオ盤も少ないし。

    しかしこの本には面白いことがある。各ページの欄外下に面白一行知識的(?)なジャズ情報が記載されている。例えば下記の様な・・・最早常識的なことも多々あるが、それなりに面白く、時代を感じる。 昔はそう言う風になぜか欄外に一行書いた本が多かった気がする。               

    ●コルトレーンの初吹き込みは1949年ディジー・ガレスビーのキャピタル・セッション、けれどソロはない。
    ●チェット・ベーカーは麻薬代不払いのため組織によってその代償に生身のまま歯を一本一本抜かれた。
    ●"ナルディス"はマイルスのオリジナルに関わらず自身一度もレコーディングしていない。
    ●パパーヌはラテン語のPavo(孔雀)に由来した語で、パドゥアから発生したダンス。16世紀初期に宮廷のダンスとして流行。
    ●ジム・ホールは何とかしてウェス・モンゴメリーの親指を車のドアに挟んでやりたいと願ったと冗談交じりに語った。
    ●『スイート・ベイジル』は元薬局を改造したジャズも聴ける自然食レストランだったが後にジャズに重点を置くようになった。
    ●"処女航海"は最初某男性用コロンのコマーシャル音楽としてハンコックが書いたものだった。
    ●ジョン・ルイスはルイ・ビトン製品の愛用者である。
    ●ECMはEdition Contemporary Music の略。同社の住所は、D-8  Munchen 60 Gleichmannstasse 10。
    ●Zoot というのは二昔ほど前に流行ったダブダブの服。最近このズート・スーツがまたまた再流行している。 等々・・・

                                            Sep2907.jpg
                       スイング・ジャーナル 5月臨時増刊
                         『ジャズ・レコード百科'79』
                          (昭和54年5月15日発行)

                    



    ここで、家人を送っていかねばならないので中断・・・とインターバル、一週間。一体どこまで送っていったのだろう(笑)
    こうなったら、今は亡きSJ社の代表的 (と言ってもあくまで偏狭な私見だが・・)なムック本の特集に突き進んでみようか。散々マンネリ化したSJの批判をしてきたのだが、いくつか好いところはある。と言っても殆どのムック本はマンネリズムの最たる代物だが・・・

    計画性もなく先に79年の本を紹介してしまったので順不同になる。先ずはSJの輝かしいムック本の嚆矢・・1974年4月臨時増刊『幻の名盤読本』である。ページをめくると一瞬にして37年前にタイム・スリップできる。当時を謳歌したオーディオの数々、うら若きコレクターの面々、そしてざらついた粒子の古いレコードのモノクロ写真の回廊。最早幻とは言えないありふれた盤ばかりだが、当時は高嶺の花だったのだろう。

                         Oct0904.jpg
               
                     スイング・ジャーナル 1974年4月臨時増刊
                            『幻の名盤読本』
                          (昭和49年4月15日発行)
                            
    きっとこの雑誌は今回の紹介本中最も優れたもので、かつ最もお世話になったものだと思う。パーフェクトではないが、パーフェクトを目指そうと言う気概が感じられる。近年のSJに欠落していたものであったが、しかしこれがあったとしても結果は同じだったろうと思う。後年同じ体裁のものを出したが情けないくらいに網羅性に欠けたものだった。この雑誌を知らなければそれなりに好いと感じられるかも知れないが・・・。ボロボロになったのでもう一冊所持したいと思っているが今では入手難かも。

                          Oct0906.jpg
                     
                       スイング・ジャーナル 1987年5月臨時増刊
                            『ジャズ名門レーベルのすべて』
                             (昭和62年5月15日発行)

    はたまた、この雑誌も割り方(2番目くらいに)お世話になった。故斉木克己氏の文章が好い。巻末、初級・中級・上級の盤紹介も今となってはピンとこない。もっと古い発行本だと思っていたら割と新しい刊行だった・・・意外。これは程度の良いのをもう一冊所持している。
                          Oct0907.jpg
                       スイング・ジャーナル 1991年5月増刊
                            『ジャズ・レコード・マニア』
                             (平成3年5月30日発行)

    『幻の名盤』という言葉はきっと昭和49年の『幻の名盤読本』あたりから流行ったのかな(?)、そうであれば、2匹目の泥鰌を狙ったのかも知れない続編 『新・幻の名盤読本』である。時代を反映したのか "CD化された幻の名盤300選" と "CD化して欲しい幻の名盤400選" という構成である。これも殆どCD化されたと思う。  

                          Oct0908.jpg
                        スイング・ジャーナル 1993年5月増刊
                             『新・幻の名盤読本』
                            (平成5年5月15日発行)
     
                      
    他にも沢山あるのだが殆ど駄本(失礼)ばかり、今回はこれまで。


    17:01 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽以外/その他の分類 | Page Top


    |


    09 2011/10 11
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    ■Recent Entries

  • ■Marcos Jimenez~ソロピアノの魅力(11/24)
  • ■ゆえあってエヴァンス・ヴィレッジヴァンガード・コンプリート盤を聴く(09/27)
  • ■アコギの夏 ~ラルフ・タウナー(08/08)
  • ■『Signal Sessions』の話 (07/17)
  • ■Grant Levin ~ジャズ盤蒐集再燃~(06/28)
  • Jazzお茶ノ水博士と幻のピアノ・トリオ盤の話(05/30)
  • Long Good Bye(09/19)
  • 海辺の再会盤の話(02/22)
  • 珍屋 ~"猫棚"稀少盤の話~(02/22)
  • 骨折とドン・トンプソンの話(01/25)
  • チャーリー・ヘイデン・フォーエヴァー!(01/12)
  • フランスのスタンダーズ盤 その他(01/07)
  • 謹賀新年(01/01)
  • Lina Nyberg の熟成はいつなされたのか?(12/30)
  • 深夜に聴いたピアノ・トリオ盤のこと(11/14)


  • ■Recent Comments

  • 山帽子(11/16)
  • Tetsuo Shimizu(10/13)
  • 山帽子(07/17)
  • Mae-chan(07/14)
  • 山帽子(07/11)
  • Tetsuo Shimizu(07/09)
  • 山帽子(06/27)
  • バード(06/09)
  • 山帽子(04/01)
  • バード(03/20)


  • ■Recent Trackbacks

  • 中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar:ピアノもヴァイブもいけてるDon Thompson(07/03)
  • 中年音楽狂日記:Toshiya\'s Music Bar:Ralph Townerの魅力(05/01)


  • ■Category

  • 音楽/嗜好別の分類 (0)
  • Favorite Rare CD (52)
  • Favorite CD Jacket (5)
  • Favorite Tune (9)
  • 音楽/楽器別の分類 (191)
  • Piano (73)
  • Bass (10)
  • Drums (0)
  • Organ (1)
  • Baritone Sax (4)
  • Tenor Sax (11)
  • Alto Sax (2)
  • Soprano Sax (0)
  • Trumpet (3)
  • Trombone (0)
  • Clarinet (0)
  • Flute (0)
  • Guitar (6)
  • Vibraphone (3)
  • Harmonica (1)
  • Accordion (3)
  • Harp (1)
  • Strings (2)
  • Vocal (20)
  • Various  (28)
  • 音楽/編成その他の分類 (23)
  • Duo (8)
  • Old Piano Trio (Piano+Bass+Guitar) (2)
  • Drumless Trio (Piano+Bass+Horn) (2)
  • Female Musician (7)
  • Japanese Musician (1)
  • Bossa Nova (0)
  • Rock/Folk (0)
  • 2Horns (2)
  • 3Horns (0)
  • 4Horns (1)
  • Big Band (0)
  • Jazz Around (0)
  • 音楽以外/その他の分類 (29)
  • Book (4)
  • Cycling (1)
  • Photo (12)
  • Essay (0)


  • ■Archives

  • 2016年11月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年09月 (3)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (4)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (3)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (4)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (5)
  • 2011年05月 (3)
  • 2011年04月 (4)
  • 2011年03月 (2)
  • 2011年02月 (3)
  • 2011年01月 (6)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (6)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (8)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (3)
  • 2010年04月 (4)
  • 2010年03月 (5)
  • 2010年02月 (8)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (3)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (2)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (4)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (2)
  • 2008年08月 (4)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (1)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年04月 (1)


  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。