無料カウンター 満天ジャズCD倶楽部 2013年09月
 
 
 

■Profile

山帽子
  • 山帽子
  • ジャズの話題が中心ですが、時として話題はあらぬ方角へ飛ぶこともあります
                
  • RSS


  • ■Link

  • ゴイス音楽日記
  • 中年音楽狂日記
  • A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~ 
  • 豆腐に柳
  • 二流ジャズの愉しみ
  • Todo Sobre Mi Musica
  • Jazz from 43rd parallel north


  • ■Search



    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック(-) | コメント(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2013/09/27(金) 谷口ジローと関川夏央そしてズート・シムズ

    『孤独のグルメ』というテレビ番組がある。深夜にやっている実写の番組だ。実写と云ったのは原作が漫画だからだ。いや漫画というよりは劇画とかコミックと云うべきなのかも知れないがまあいいか。書いたのは谷口ジローだが原作は久住昌之である。大体谷口ジローは描く人で原作者と二人三脚なことが多い。

    最近は明治の文壇を中心にした漫画、あれは何と云う題名だったか、原作は関川夏央。結構話題にもなり何とかという賞を受賞した記憶がある。私は谷口ジローの大ファンなので最近のものは知らないが昔の単行本になった漫画の殆どは所持している。特に相方の関川夏央と組んだ作品が大好きである。関川夏央が好きだから谷口ジローを読んだのか或は逆であったか定かではない。そうだあの探偵シリーズ『事件屋家業』がとっかかりではなかったか。シリーズは沢山あって直ぐに題名が思い出せないけれど。  ある種ジャズのフレイバーがするというと見当違いか?

    関川夏央と云えば大昔、殺伐とした国道沿いの本屋で購入した一冊の本がある。黄ばんでしまったが今でも身近に置いている『名探偵に名前はいらない』という本である。昭和63年のことだ。漫画の原作ばかりではない関川夏央の著作の魅力に開眼した本でもある。遡り私小説の様なエッセイ集『貧民夜想會』を読みその一種含羞のあるハード・ボイルドチックさ(?)に嵌った。ここ数年の最近作は未読だがその後小説やらエッセイやら時事/文芸評論(?)など様々なものを機会あるごとに読んだ。けれどそれがフィクションか否かに大した違いはない。好く言えば奥底に流れる一貫したスタイルにブレがないからである。

    私よりも年長で所謂団塊の世代に属していたような記憶がある。関川夏央にはそれ故何処かに世代特有の翳りのようなものが感じられる。だからと言ってこの世代の人たち全てにそう云う翳りがあるかと云うとそういう訳でもない。それに、じゃあその"翳り"って何かと問われると上手く説明がつかず口ごもってしまうだろう。 世代論は喋っている内に自分でも不思議にどこか胡散臭い気がしてくるのだ。なのでこの話題は早々に切り上げよう。

    さてこういう部類の読み物(?)には断然ジャズが似合う。それも古いジャズ、滋味深いジャズが好い。

    例えばズート・シムズ。

    燻銀のテナーが醸す滋味深い演奏には聴く度に感涙する。数あるズートの名盤を制し私が好むのはこうした盤だ。殆ど最後期に属すこのアルバムは滋味深い面子と吹き込んだ小ユニットの作品だ。ベース:レッド・ミッチェル、ギター:ルネ・グスタフソンを従え、いや従えと云う言葉には違和感がある、ズートの愛すべき仲間であるからだ。三者による会話は深く朴訥である。ドラムスは要らない。どの叩き手もグスタフソンのセンシティブなカッティングを超えられないからだ。1984年ストックホルム録音。最晩年のズートに相応しいアルバムと確信する。
     
                    


                      Oct07~02
                     
    Zoot Sims、Red Mitchell、Rune Gustafsson
                           『In A Sentimental Mood』
                        (1984年録音 Sonet SNTCD-932)

    スポンサーサイト
    00:11 | トラックバック(0) | コメント(0) | Tenor Sax | Page Top


    |


    08 2013/09 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    ■Recent Entries

  • ■Marcos Jimenez~ソロピアノの魅力(11/24)
  • ■ゆえあってエヴァンス・ヴィレッジヴァンガード・コンプリート盤を聴く(09/27)
  • ■アコギの夏 ~ラルフ・タウナー(08/08)
  • ■『Signal Sessions』の話 (07/17)
  • ■Grant Levin ~ジャズ盤蒐集再燃~(06/28)
  • Jazzお茶ノ水博士と幻のピアノ・トリオ盤の話(05/30)
  • Long Good Bye(09/19)
  • 海辺の再会盤の話(02/22)
  • 珍屋 ~"猫棚"稀少盤の話~(02/22)
  • 骨折とドン・トンプソンの話(01/25)
  • チャーリー・ヘイデン・フォーエヴァー!(01/12)
  • フランスのスタンダーズ盤 その他(01/07)
  • 謹賀新年(01/01)
  • Lina Nyberg の熟成はいつなされたのか?(12/30)
  • 深夜に聴いたピアノ・トリオ盤のこと(11/14)


  • ■Recent Comments

  • 山帽子(11/16)
  • Tetsuo Shimizu(10/13)
  • 山帽子(07/17)
  • Mae-chan(07/14)
  • 山帽子(07/11)
  • Tetsuo Shimizu(07/09)
  • 山帽子(06/27)
  • バード(06/09)
  • 山帽子(04/01)
  • バード(03/20)


  • ■Recent Trackbacks

  • 中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar:ピアノもヴァイブもいけてるDon Thompson(07/03)
  • 中年音楽狂日記:Toshiya\'s Music Bar:Ralph Townerの魅力(05/01)


  • ■Category

  • 音楽/嗜好別の分類 (0)
  • Favorite Rare CD (52)
  • Favorite CD Jacket (5)
  • Favorite Tune (9)
  • 音楽/楽器別の分類 (191)
  • Piano (73)
  • Bass (10)
  • Drums (0)
  • Organ (1)
  • Baritone Sax (4)
  • Tenor Sax (11)
  • Alto Sax (2)
  • Soprano Sax (0)
  • Trumpet (3)
  • Trombone (0)
  • Clarinet (0)
  • Flute (0)
  • Guitar (6)
  • Vibraphone (3)
  • Harmonica (1)
  • Accordion (3)
  • Harp (1)
  • Strings (2)
  • Vocal (20)
  • Various  (28)
  • 音楽/編成その他の分類 (23)
  • Duo (8)
  • Old Piano Trio (Piano+Bass+Guitar) (2)
  • Drumless Trio (Piano+Bass+Horn) (2)
  • Female Musician (7)
  • Japanese Musician (1)
  • Bossa Nova (0)
  • Rock/Folk (0)
  • 2Horns (2)
  • 3Horns (0)
  • 4Horns (1)
  • Big Band (0)
  • Jazz Around (0)
  • 音楽以外/その他の分類 (29)
  • Book (4)
  • Cycling (1)
  • Photo (12)
  • Essay (0)


  • ■Archives

  • 2016年11月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年09月 (3)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (4)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (3)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (4)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (5)
  • 2011年05月 (3)
  • 2011年04月 (4)
  • 2011年03月 (2)
  • 2011年02月 (3)
  • 2011年01月 (6)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (6)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (8)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (3)
  • 2010年04月 (4)
  • 2010年03月 (5)
  • 2010年02月 (8)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (3)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (2)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (4)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (2)
  • 2008年08月 (4)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (1)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年04月 (1)


  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。