無料カウンター 満天ジャズCD倶楽部 2014年06月
 
 
 

■Profile

山帽子
  • 山帽子
  • ジャズの話題が中心ですが、時として話題はあらぬ方角へ飛ぶこともあります
                
  • RSS


  • ■Link

  • ゴイス音楽日記
  • 中年音楽狂日記
  • A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~ 
  • 豆腐に柳
  • 二流ジャズの愉しみ
  • Todo Sobre Mi Musica
  • Jazz from 43rd parallel north


  • ■Search



    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック(-) | コメント(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2014/06/24(火) コレクターの憂鬱と希望と

    読みもしない本、また聴きもしないジャズCDに存在価値があるのだろうか?

    これこそ私のインドア(?)趣味、読書とジャズ鑑賞とに抱えている解決すべき問題:課題だ。

    家人はこの双方のコレクションについて私以上にシビアに疑問視しており・・・つまり読みもしない本、聴きもしないCDに意味があるのか? つまり意味はないのでもうこれ以上買わないで欲しいとの旨を言う。

    家人曰く 人の一日は24時間、自由な時間は1/3もない。その時間にその本とCDは読んで聴く暇があるのか?と 。老後の趣味に必要なのだというと老後に必要なのはお金だと宣う。実に現実的である。なるほどこれには大いに説得力があるし納得せざるを得ないものがある。

    しかしなおもコレクションは増えて行く。最早病気ではとの意見もある。もちろん家人からだ。

    これらの真っ当な考えかたに拮抗しうる考え方があるだろうか?

    私が唯一の拠り所とするのは心の余裕についてである。なにごとも余剰が必要なのだ。自動車のハンドルに遊びが必要なように、ホテルのロビーに不要なまでの広い空間が必要なように、建設区画に緑地帯が必要なように、余分と思われるものにも何かその必要性があるのだ。言わば心の余裕の象徴的なものなのだと。伸び代のない人間は駄目なのだと。・・・けれどこれらは一蹴の屁理屈、理論の飛躍と破綻の指弾は必定。遂に理解されることはないのか? いやはやである…

    戯言はさておいて、最近盤紹介がお留守になっているのでこれはという一枚を紹介したい。

    Albert Bover は『Live In Jamboree』以来そのテクニックとセンスに惚れ込んだピアニストのひとりだ。しらみつぶし的とまでにはゆかないが彼の参加盤は目に付けば極力購入するようにしている。

    で、最近入手した盤がある。過日某ユニオンを漁っているとベーシスト:Miguel Angel Chastang のリーダー・ユニット (?):From Harlem To Madrid に偶然にも Alber Bover 参加のクレジットを発見したのだ。恥ずかしい話ながらその様なグループを耳にするのは初めて。で、帰宅して早速検索すると既にグループとして5枚の盤を発表している。内2枚にボヴァーが参加しているようだ。面子がフレキシブルなのか固定的なレギュラーは少数で他は変動が多いようだ。

    そして今回はその盤:Miguel Angel Chastang "From Harlem To Madrid" Vol.4 『The Real Thing』(2011年スペイン / マドリッド録音)に感動してしまったという話である。

    この盤、基本的に2管をフロントに配した編成が中心だが2曲のみシンプルな演奏が含まれる。ピアノ・トリオ演奏とピアノ&ベース演奏が各1曲づつ。これ等は珠玉と呼ぶに相応しい名演である。#3 ボヴァーの鮮度の高いピアノ・ソロがひときわ輝くショーターの名作"Black Eyes"、これはピアノ・トリオで、そして#6 スタンダーズの中のスタンダーズ"My One And Only Love" はデュオ演奏で。嘗てこれ程の名演ありきやとの思いに駆られる演奏の妙。"Black Eyes" でのボヴァーの軽妙さと"My One And Only Love" での絹糸のようなソロの眩しさと。乱暴な言い方だがこの2曲だけでもこの盤の購入価値はあるだろう。プラスチック・ケースにスリーブが付くという豪華さ。インナージャケとスリーブは別の体裁となっていて私的にはスリーブの方が好みなので写真はそちらを掲載する。こういう盤だらけなら好いのだが・・・

                          
    Jun24#01   
                                Miguel Angel Chastang "From Harlem To Madrid" Vol.4 
                                                           『The Real Thing』 
                               (2011年スペイン / マドリッド録音  Nuba Records KAR7832)
                                 
                                      





    スポンサーサイト
    23:03 | トラックバック(0) | コメント(4) | Duo | Page Top


    ■2014/06/24(火) 新幹線雑記

    苦心の末入手した盤がいつも我が心に住まう愛聴盤にまで成育することは残念ながら稀である。 希少性と嗜好とがイコールとなる公算は皆無ではないが極めて低いのだ。それは多くの歴史的名盤が愛聴盤になりえない図式とよく似ている。そして入手時の昂りを頂点とする心の振幅の辿る放物線はどれも似通った曲線を描く。

    廃盤という希少性を担保しながらも深く鮮烈な感動を伴う盤こそがダイヤの如き輝きを放つ。 これぞ真に幻の名盤の呼称が相応しい。 勿論ここで言う鮮烈な感動は計測もできないし極めて私的で客観性がなく独りよがりだ。 こうした自己満足の件は幾度も記しているので省略。

    最終的に斯く思い入れの盤に何枚めぐり合う事ができるのか、また所持する事ができるのか、大方のコレクターが目指すところであろう。
     
    しかしそれにもまして究極の喜びはある。 殆ど市場では取り沙汰されることもない忘れ去られている盤に正当な(?)評価を与えることだ。しかしここで言う正当という定義は極めて難しい。又しても個人的な嗜好に収斂されるのでこの件もこれ以上触れない。
     
    嘗てある雑誌が掘り起こし云々と称して埋れた優れ盤を紹介したことがあった。これと趣旨は同様だが違いがあるとすれば、①商売っ気がないこと ②組織的でないこと この二つだろう。つまりは一個人としての掘り起こし作業ということ、掘削機でなく鋤鍬で、そして収穫物は自らであじわう。汗が調味料になり幾分手前ミソになるのは人情だろう。
     
    話の整理がついた様だ。

    今更のことを紹介する愚かしさに呆れながら私を乗せる新幹線が今東京駅に到着しようとしている。

    さあ、ジャズ東京が待っている(笑)

    18:02 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽以外/その他の分類 | Page Top


    ■2014/06/10(火) ピアノ・トリオ 極上の一曲

    ピアノ・トリオの奏するマイ・フェイバリッツ・チューン。今日はそのこだわりの逸品(?)について書きたい。

    誰かれも美しい哀愁の調べを好しとする訳ではないのを承知で敢えて断言するがピアノ演奏で感動を与える主要素は極めた美と哀愁感とである。少なくともこの2者がないものに深い感銘を受けた試しがない。

    ところで美とはなにか? 哀愁感とはなんぞや? ・・・これは根源的問題だがここでは触れずに話を進めたい。最終的には個人に収束する問題 だと思っている。

    エンリコ・ピエラヌンツィ自作演奏する"With My Heart In A Song"は突出した一曲である。これは彼のピアノ・トリオ作品のVol.3にあたる1991年録音『Triologues』に収録されている。エンリコの盤は一般的にオリジナル曲が多いがこのVol.3はどう言うわけか綺羅星のスタンダーズ揃いである。穏健派の私(笑)にとっては狂喜乱舞盤なのである。で、そんな並み居るスタンダーズの名曲を差し置いてこのエンリコ・オリジナル"With My Heart In A Song"は素晴らしい。その素晴らしさはどのエンリコ演奏のなかでも、いや遍くジャズ・ピアノ・トリオ演奏のなかでも、と大風呂敷を広げても言い過ぎることはない。奏者から伝わってくるヴァイブレーションは何度聴いても心を絞るような切ない気持ちにさせる。これぞ真のピアノ・トリオ演奏を代表する名曲/名演である。哀愁のテーマ数秒でこの曲の素姓の良さを確信する。そしてヴァリエーションに導かれ開始から2分にさしかかるあたりから愁いの情感は至高の境地を迎える。この哀愁感の件でほぼ私の様な単純な精神構造の者はノックアウトの運びとなる。

    そして片やのフェイバリッツ・ピアニストが
    ティエリー・ラングである。彼は今年の初旬 大雪の中ライブを聴きに行ったばかりである。エンリコが東の横綱なら西の横綱はティエリー・ラング。回数が知れないほど繰り返し聴く名曲/名演:"Moon Princess"は2003年ブルー・ノートに吹き込まれた『Reflections Volume1』というアルバムに収録されている。この盤は幾つか異なったジャケでの発売があるようだ。この曲も美しいテーマをもった作品でそのヴァリエーションに奏されるティエリーのソロが儚くも哀愁的である・・・ああ哀しいかなこれも千日手の様な表現となってしまう。月の女王と言えばかぐや姫のことであろうか?ティエリーがその物語を知っての上で書いたのであれば私の中で想起される映像とのマッチングの精度は極めて高いものとなる。聴く度に泣ける。

    そしてもう一人忘れてはいけないピアニストがいる。Stefano Battagliaである。エヴァンスやキースからの影響を云々されるが一体現存(?)するジャズピアニストで影響を受けていない者がいるのだろうか、いやいまい。そして彼の敬愛するエヴァンス・コンポジションから私的にはどのエヴァンスの演奏よりも激しく心揺さぶられる演奏が『Bill Evans Composition Vol.1』 に収録された "A Simple Matter Conviction" である。この湿度ある哀愁感は心の襞の奥底まで沁みてくる。一体これほどの感動量をもった演奏が何処にあると云うのか、いやどこにもない。唯々言葉をうしなうばかりだ。




    20:35 | トラックバック(0) | コメント(1) | Piano | Page Top


    ■2014/06/08(日) 日常奮闘記

    ある時期申し合わせたように集中して身の廻りの物が壊れることがある。その時を称して凡庸だが"或る時"と呼ばせて貰えば、我が家では今その"或る時"のサイクルに入っているようだ。占い師であればどうやら大殺界(?)に入りましたねとか言って恐怖心を煽って儲けるチャンスのところだ。しかし現実はそれぞれ購入からの経年劣化でクラッシュする時期が偶然に重なっただけに過ぎない。日頃のメンテナンスがあればコントロールできたのかも知れない。

    過日は洗面タブの排水パイプが詰まり水が流れなくなった。

    仕方がないので棒の先に大きなゴムの吸盤みたいなものが付いた器具(名称不明)で吸い取った。結果、奥に溜まっていたゴミが大量に出てきて水をどす黒く濁らせたままでより酷いことになってしまった。しようがなく一晩放って置いたが汚水は微塵も退く気配がない。こうなったら我慢比べともう一晩放って置いた。汚水が退いたらドメストとかいう排水パイプのゴミを溶かす薬で退治してしまおうと目論んでいた。しかし敵もさる者、一向に退く様子はなく戦いは長期戦の様相となった。家人は諦めて風呂場で歯を磨いている。決戦を覚悟した休日の早朝、ヤケクソな気分も手伝いあの吸盤でグイグイ吸い取って洗面器で汚水を風呂の流しに捨てた。そしてお湯を足してはまた吸い取って捨てるという行為を10数回繰り返した。すると流石に汚れも出なくなり澄んだお湯状態になった。それでもグイグイ吸い取っているとゴボゴボと使っていない隣の洗面タブの排水口から音がした。と同時に溜まっていたお湯が嘘のようにス~ッと嵩を低め排水口へ消えて行った。勝利である。敵は執拗な攻撃に辟易退散し小さな洗面所の戦はこうして終息したのであった。

    遅く起きた家人が"凄いね よくやったね"とキレイになった洗面タブと私とを見て言う。"当たり前だろう"と私は言ってやった。

    我が家の"或る時"はこれだけではない。

    これは守備に徹しているがトイレのウォシュレット辺りからポトポトと水滴が落ちている。これは洗面器で受けていて一杯になると家族の誰彼が捨てるという作業がルーティン化している、つまり長期化している故障だ。外見、パイプのボルトに緩みもなく排水口の様に戦えそうな相手ではない。古いウォシュレットゆえ寿命の感もあり近々業者に修理してもらう予定だ。きっと買い替えを勧められるだろうな。

    それに今日発生した新たな"或る時"現象(?)である。

    リビングの照明が消えた。LEDに一昨年変えたばかりである。こちらはまだまだ寿命のわけはない、きっと質の悪い基盤が原因だろう。

    そう言う事で我が家はてんてこ舞い。次は何が壊れるのか・・・いやはやな日常である。  

        *暗いテーマなので明るい写真を掲載したい。
           久しぶりに商業写真みたいな感じで撮れた・・・アイフォンは凄いな。

                                         
    __ (10) 
                                              
       サイクリングにて                                        




    11:34 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽以外/その他の分類 | Page Top


    |


    05 2014/06 07
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    ■Recent Entries

  • ■Marcos Jimenez~ソロピアノの魅力(11/24)
  • ■ゆえあってエヴァンス・ヴィレッジヴァンガード・コンプリート盤を聴く(09/27)
  • ■アコギの夏 ~ラルフ・タウナー(08/08)
  • ■『Signal Sessions』の話 (07/17)
  • ■Grant Levin ~ジャズ盤蒐集再燃~(06/28)
  • Jazzお茶ノ水博士と幻のピアノ・トリオ盤の話(05/30)
  • Long Good Bye(09/19)
  • 海辺の再会盤の話(02/22)
  • 珍屋 ~"猫棚"稀少盤の話~(02/22)
  • 骨折とドン・トンプソンの話(01/25)
  • チャーリー・ヘイデン・フォーエヴァー!(01/12)
  • フランスのスタンダーズ盤 その他(01/07)
  • 謹賀新年(01/01)
  • Lina Nyberg の熟成はいつなされたのか?(12/30)
  • 深夜に聴いたピアノ・トリオ盤のこと(11/14)


  • ■Recent Comments

  • 山帽子(11/16)
  • Tetsuo Shimizu(10/13)
  • 山帽子(07/17)
  • Mae-chan(07/14)
  • 山帽子(07/11)
  • Tetsuo Shimizu(07/09)
  • 山帽子(06/27)
  • バード(06/09)
  • 山帽子(04/01)
  • バード(03/20)


  • ■Recent Trackbacks

  • 中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar:ピアノもヴァイブもいけてるDon Thompson(07/03)
  • 中年音楽狂日記:Toshiya\'s Music Bar:Ralph Townerの魅力(05/01)


  • ■Category

  • 音楽/嗜好別の分類 (0)
  • Favorite Rare CD (52)
  • Favorite CD Jacket (5)
  • Favorite Tune (9)
  • 音楽/楽器別の分類 (191)
  • Piano (73)
  • Bass (10)
  • Drums (0)
  • Organ (1)
  • Baritone Sax (4)
  • Tenor Sax (11)
  • Alto Sax (2)
  • Soprano Sax (0)
  • Trumpet (3)
  • Trombone (0)
  • Clarinet (0)
  • Flute (0)
  • Guitar (6)
  • Vibraphone (3)
  • Harmonica (1)
  • Accordion (3)
  • Harp (1)
  • Strings (2)
  • Vocal (20)
  • Various  (28)
  • 音楽/編成その他の分類 (23)
  • Duo (8)
  • Old Piano Trio (Piano+Bass+Guitar) (2)
  • Drumless Trio (Piano+Bass+Horn) (2)
  • Female Musician (7)
  • Japanese Musician (1)
  • Bossa Nova (0)
  • Rock/Folk (0)
  • 2Horns (2)
  • 3Horns (0)
  • 4Horns (1)
  • Big Band (0)
  • Jazz Around (0)
  • 音楽以外/その他の分類 (29)
  • Book (4)
  • Cycling (1)
  • Photo (12)
  • Essay (0)


  • ■Archives

  • 2016年11月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年09月 (3)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (4)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (3)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (4)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (5)
  • 2011年05月 (3)
  • 2011年04月 (4)
  • 2011年03月 (2)
  • 2011年02月 (3)
  • 2011年01月 (6)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (6)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (8)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (3)
  • 2010年04月 (4)
  • 2010年03月 (5)
  • 2010年02月 (8)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (3)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (2)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (4)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (2)
  • 2008年08月 (4)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (1)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年04月 (1)


  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。