無料カウンター 満天ジャズCD倶楽部 2014年07月
 
 
 

■Profile

山帽子
  • 山帽子
  • ジャズの話題が中心ですが、時として話題はあらぬ方角へ飛ぶこともあります
                
  • RSS


  • ■Link

  • ゴイス音楽日記
  • 中年音楽狂日記
  • A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~ 
  • 豆腐に柳
  • 二流ジャズの愉しみ
  • Todo Sobre Mi Musica
  • Jazz from 43rd parallel north


  • ■Search



    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック(-) | コメント(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2014/07/21(月) ストイックな自転車乗りとフランク・モーガン

    梅雨どきの湿度を帯びた空気は水底にいるような気持ちにさせる。激しい夕立の雨音を聴きながら縁側に横たわっていると殊更そう思えてくる。けれど根暗な私にとってその感覚は決して嫌いなものではない。この時期雨具を忘れ突然の雨に遭った時の自虐的な楽しみ(?)も格別だ。時にずぶ濡れになるのも好い。小さな日常からの離脱/開放感とでも云える。瑣末な話だが。

    しかしことサイクリングに関しては現実的になり全くこれは該当しない。過日、道が平坦なことに気を良くして川沿いのサイクリング・ロードを江戸川辺りまで足を伸ばした。前夜の雨水が残る道を走ったおかげで自転車が泥まみれになり後のケアで大変な目にあった。爾来雨は大敵となった。

    最近の私的サイクリングの傾向は2つに大別できる。平坦なサイクリングロードを走ること、それと峠を登ること、この2つである。

    休日の今日は重い雲があるものの雨粒を落とすことはなさそうである。で、気分は峠攻め:つまり幾分攻撃的、挑戦的なモードに入った訳である。そういうことで埼玉県の山間部:秩父市の手前に位置する白石峠へ向かうことにした。白石峠はサイクリングの素人、しかも高齢(?)である私にとっては大変な難所である。しかしこの白石峠、実は昔から何度も走っているお馴染みのスポットでもある。但し最初はバイク(エンジン付二輪車の意)で、そして後にはクルマ(四輪車)で。大抵は東京天文台まで足を伸ばすのが常で当時仲間内では低山として手軽なツーリング/ドライブ・コースだったのである。しかし何らエンジンの助けもなく自らの脚力頼みで登るとなると坂のコーナーというコーナーが一斉に牙を剥く。肉体の衰えを感じるたび40歳、いや30歳若かったらと切に思う。今回も何とか峠を越えることができ制覇すること2回目となった訳だが心情的には単純に喜ぶ気分ではない。前述どおりやっとの思い、死ぬ思いで登ったのだ(笑)

    峠を攻めるのは極めてストイックな行為だと思う。心の中で9人の自分がもう体に悪いからペダルを止めて休もうと云う。しかし1人の自分がいやここで止まる訳にはいかないと強硬に云う。そして私は何故か民主主義に反して止まらずにダンシングしてでも漕ぎ続けることとなる。それは偏に断念した後の後悔が厄介なだけだ。それさえなければ直ぐ折れる心だ。限界に近付くと最早自分との戦いだ。マラソンや登山に近しいのかも知れない。いやそのものなのだろう。 決して健康には良いことではないだろう。しかし登る。

    そういうことで自転車乗りは畢竟孤独な行為である。走りながら様々なことを考える。なかでも繰り返し考えるのが、こうして走ることに何か意味はあるのか?ということである。この問いは全てのことに云い換えることができる。答えは意味がないということに落ち着くのだが。すると不思議に気が楽になったりする。

    閑話休題。

    フランク•モーガンというアルト吹きがいる。1950年代にウェストで活動しGNPから唯一のアルバムを発売し当時のお決まりのコース(?)麻薬禍で人生の大半を棒に振った。この辺はどこかアート・ペッパーに似ている。バード亡き後のアルト界の牽引を期待されたがなかなか世の中は上手くいかない。同時期にはキャノンボール・アダレーもバードの後釜を嘱望されていた。そう、バードの後釜は沢山いるのである。いやそれほどにパーカーが傑出していたということの証左であろう。

    そういう訳でフランク・モーガンの話である。

    アート・ペッパーではどちらかと云えば後期盤を贔屓にする私だが、同様モーガンも後期盤が好いと思っている。但しペッパーと違いモーガンの50年代作品は前述どおり一枚しかない。復帰は1985年頃であろうか、世間では死んだと思われていたモーガンだが『Easy Living』という盤をコンテンポラリーから出した。もちろん彼を引っ張り出した者が居るのだろうがここでは触れない。この復帰盤だがシダー・ウォルトン・トリオをバックにしていて以降コンテンポラリーにジョージ・ケイブルスやマッコイ・タイナー等と積極的に吹き込みを行っている。 そこで話が2転3転してしまうが、フランク・モーガンの場合は復帰後が復帰直後の極短期(コンテンポラリー時代)とそれ以降(アンチレス / テラーク / ハイノート時代)とに二分されるのが適当でないかと思っている。つまり1950年代のGNP盤の時代、麻薬渦の大きな空白の時代、1985年頃の復帰直後極短期の活動的なコンテンポラリー時代、そして1989年以降の内省的なアンチレス/テラーク/ハイノート時代の4つに分類できるのではないかと思っている。それでは何故に復帰後を二分するのかと疑問に思われる方のために理由を説明したい。一線を引く最大の理由は内省的な哀愁感の存在である。1989年アンチレス・レーべルに吹き込んだ『Mood Indigo』は真に彼のターニング・ポイントになった作品だと思う。以降の作品の底流にある内省的哀愁感はここにスタートしたとの持論である。

    往々にして人は作品に作者の生涯の陰影を反映させて総体を理解したと納得するところがある。その良否、正否はさておいて、同様手法をモーガンに当てはめれば、彼の人生を棒に振ったとさえ思われる麻薬渦であるが、実に復帰後期においてその悔恨は内省を経て何らかの深みを作品に与えているのではないかとさえ思えてくる。よくある解釈だが解り易い落とし所だ。年老いてからのリー・コニッツにもどこか同じ香りがする。以上聴き手側の勝手な思い込みだ。

    フランク・モーガンは残念ながら2007年に生涯を閉じた。しかし私の手元には復帰後の後期盤が宝石のような輝きをもって残されている。 特に今回は推奨に値する4枚の盤に絞りアップした。 それぞれにコメントしたいがどれも同様な言葉の羅列になってしまうだろう。内省的とか哀愁とか深みとか・・・ 

    Jul21#01   Jul21#02   Jul21#03   Jul21#04 
      
        『Mood Ingigo』      『You Must Belive In Spring』  『Listen To The Dawn』    『Love,Lost&Found』
      (1989年録音 Antilles)     (1992年録音 Antilles)    (1993年録音 Antilles)   (1995年録音 Telarc)



    スポンサーサイト
    05:18 | トラックバック(0) | コメント(0) | Alto Sax | Page Top


    ■2014/07/10(木) 最近のお気に入りペット盤

     出張で訪れた不案内な街の喫茶店で期待することなく注文したブレンド珈琲の旨さに吃驚することがある。香り立つ風味、苦味と酸味との絶妙な調和•••優れたブレンドとは斯くも深いのだよと静かに諭してくれる一杯との出会いである。

    同様な邂逅がジャズ盤にもある。勿論ごく稀な出会いである。CDショップで数曲試聴すると突然なにかがすくっと私の内側で立ち上がる。それは釣り人の投げた鮮やに尖った"ウキ"が素早く水面で垂直を保つのに似ている。或る瞬間"ウキ"はぐっと沈み込む。魚影は不確かだが明らかな釣果の予感に胸が踊る。この感覚は真に名盤邂逅の予兆に等しい。感涙の哀愁感を纏い、時として繊細そして優美に、時に圧倒的な感動量をもって。しかし口説いようだがこのような出逢いは極稀。つまり滅多に怒らない、いや起こらない。けれど決して皆無ではない。 

    これほど稀有な盤にめぐり合う確率の低さを力説した後に確信的にして作為的なパフォーマンスだが私のお気に入り盤を紹介したい。但し、前段に記したような極めついて優れた希少盤ではない。極ありふれた盤かも知れないが甚く気に入ってしまったのである。つまり前振りはその紹介できる嬉しさの演出と思われたい。

    さて、DJAZ Records からトランペッター:Philippe Laudet のリーダー盤 『Beautiful Love』 である。DJAZ はジプシー系の音楽を扱うお気に入りのレーベルだがそれだけではないようだ。相変らず録音は古く1994年フランス、既に20年も過ぎた昔の盤となってしまった。こうして紹介するにも関わらず検索もしておらず勉強不足も甚だしいのだが他の作品:ディスコグラフィや来歴を全く知っていない。唯一バックを固めるピアノ・トリオが振っており、あのLaurent De Wildeである。彼のトリオ・フォーマット作品は数枚所持しているがこの作品のバック演奏の方が寧ろ自身のピアノ・トリオ盤よりも好ましく思える。この盤の好さの半分は彼のピアノ演奏に依る。そう云っても過言ではないと思う。

    Philippe Laudet のペットは総体解り易い演奏である。解り易いとは基本的なジャズのイデオムに沿ったという意味である。しかしありふれたという意味では決してない。#4 "Bossa pour septembre" の演奏を聴いて欲しい。何の衒いもない端正なペット演奏である。が、何故にこれほどの浸透力があるだろう?チェットのように掠れもしなければ、Wショウのように高い音域もない。表題曲一曲を除き全てオリジナルで曲作りの才もある。他作品も是非注目したい。 

               
                    
    Jul08#04                                               
                     Philippe Laudet 『Beautiful Love』
                  (1994年仏 録音 DJAZ Records DJ525-2)





          

    23:14 | トラックバック(0) | コメント(0) | Trumpet | Page Top


    ■2014/07/06(日) アフリカの海~ミッシェル・ビセグリア最新作

    丸山健二の作品に『アフリカの光』と言う小説がある。今から40年ほど前に書かれた著者の初期作品だ。大昔の読書ゆえ殆どストーリーは覚えていない。しかし唯一鮮明に記憶するのは主人公が脳裏に浮かべるギラギラと光り輝くアフリカの海の映像である。このアフリカの海だが主人公が実際に目にした光景であったのか或は想像の産物であったのか余りに古いことゆえ記憶にない。多分後者だったと思う。また、映像と言ったのは確か映画化もされ原作(小説)のイメージと映画のシーンとが私の内で渾然となっているためだ。

    爾来極めて個人的な見解だがきっと誰にでもそう言う"アフリカの海"的なものがあるに違いないと思っている。

    私たちは日々の生活のなかで金属疲労のように疲弊する。幸せな日常も幸せでない日常もその繰り返しを繰り返すことに飽く。斯く厭いだ生活の中である情景を想う。それは日常からの飛翔を可能にする特別な場所である。そして想いは変容し、いつしか到達すべき目的地と化し遂には絶対的な場所へと神格化(?)される。

    私にとっての"アフリカの海"とは一体どこなのだろうか?•••未だおぼろげな想いのままで具象できないでいる。

    さて本日の1枚である。

    特別なピアニストがいる。名前を列挙すると沢山いて特別とは言えなくなるので止めるが今回のピアニスト:Michel Biscegliaはその重要な一画を占めるのは間違いがない。初期の作品から今回の最新作に至るまでその奥底に流れる変わらぬ美意識に心打たれる。宛らコロコロとモデル・チェンジの度に他車の姿をまねコンセプトを変える国産車の変節を前に何十年も不変のコンセプトを貫きながらも進化/深化を続けるドイツ車の姿と深いところでオーバー・ラップする。彼のピアノは直截的に美しく余りに判り易いところから一級低く見られることがあるがそういう愚かな風潮は速やかに去ってくれるがいい。アイフォンに収録する際に捨て曲が殆どないと云うのは驚異的なことである。しかも初期盤から最新作に至るまで全てにおいてである。一音一音の末端までに浸透する儚い美意識が只管美しくある種日本的でもある。

    大方のピアニストがそうなので今更取り立て言及すべきではないのだろうが敢えて言うと彼は明らかにエヴァンス、キース双方のハイブリッド的な所産と思われる。 ビセグリア≒(エヴァンス+キース)÷2 の等式が成り立つ。そのような確信に至ったのは今回の紹介盤『Singularity』に収録されたB.トゥループの名曲"Meaning Of The Blues"を聴き、キースのそれ(『スタンダーズVol.1』収録)と比較できたからである。乱暴な結論を言えばエヴァンスがこの曲を弾いたらこんな感じになるのではないかと思われる。また別な言い方をすればビセグリアがこの曲をエバンスが弾くとこんな感じかなぁとの想いで弾いたのでは(?)と我田引水的に考えたりもできる。キースよりは淡白平坦にして粘着力を低めメロディの解体で浮遊感を与えた演奏にはエバンスのパースペクティブが窺え感動的だ。

    下世話な話だがこの盤の体裁はどうなっているのだろう?

    『Singularity』デザインの外箱の中に『Singularity』と『My Ideal』 の2枚のデジパックが入っている。各盤はそれぞれ独自で発売されても何ら問題のないほど完成度が高い。二つのコンセプト盤であることを主張したかったのだろうか。もしそうであるなら成程と思う。それにつけて思い出すのが近年発売されたキースとヘイドンのデュオ盤である。これにはデュオ・マニアを自任する私としては些か落胆を覚えたが(新録ではなく明らかに前作の撰にもれたものの編集盤ではないか?と疑ってしまう)それと比較しても一線を画す立派なものだ。


            
    Jul05#01                    Jul05#02
                Michel Bisceglia Trio                     Michel Bisceglia Trio 
                  『Singularity』                             『My Ideal』
         (2013年録音Prova Records PR1401-CD22)      (2013年録音Prova Records PR1401-CD23)









    10:27 | トラックバック(0) | コメント(4) | Piano | Page Top


    |


    06 2014/07 08
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    ■Recent Entries

  • ■Marcos Jimenez~ソロピアノの魅力(11/24)
  • ■ゆえあってエヴァンス・ヴィレッジヴァンガード・コンプリート盤を聴く(09/27)
  • ■アコギの夏 ~ラルフ・タウナー(08/08)
  • ■『Signal Sessions』の話 (07/17)
  • ■Grant Levin ~ジャズ盤蒐集再燃~(06/28)
  • Jazzお茶ノ水博士と幻のピアノ・トリオ盤の話(05/30)
  • Long Good Bye(09/19)
  • 海辺の再会盤の話(02/22)
  • 珍屋 ~"猫棚"稀少盤の話~(02/22)
  • 骨折とドン・トンプソンの話(01/25)
  • チャーリー・ヘイデン・フォーエヴァー!(01/12)
  • フランスのスタンダーズ盤 その他(01/07)
  • 謹賀新年(01/01)
  • Lina Nyberg の熟成はいつなされたのか?(12/30)
  • 深夜に聴いたピアノ・トリオ盤のこと(11/14)


  • ■Recent Comments

  • 山帽子(11/16)
  • Tetsuo Shimizu(10/13)
  • 山帽子(07/17)
  • Mae-chan(07/14)
  • 山帽子(07/11)
  • Tetsuo Shimizu(07/09)
  • 山帽子(06/27)
  • バード(06/09)
  • 山帽子(04/01)
  • バード(03/20)


  • ■Recent Trackbacks

  • 中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar:ピアノもヴァイブもいけてるDon Thompson(07/03)
  • 中年音楽狂日記:Toshiya\'s Music Bar:Ralph Townerの魅力(05/01)


  • ■Category

  • 音楽/嗜好別の分類 (0)
  • Favorite Rare CD (52)
  • Favorite CD Jacket (5)
  • Favorite Tune (9)
  • 音楽/楽器別の分類 (191)
  • Piano (73)
  • Bass (10)
  • Drums (0)
  • Organ (1)
  • Baritone Sax (4)
  • Tenor Sax (11)
  • Alto Sax (2)
  • Soprano Sax (0)
  • Trumpet (3)
  • Trombone (0)
  • Clarinet (0)
  • Flute (0)
  • Guitar (6)
  • Vibraphone (3)
  • Harmonica (1)
  • Accordion (3)
  • Harp (1)
  • Strings (2)
  • Vocal (20)
  • Various  (28)
  • 音楽/編成その他の分類 (23)
  • Duo (8)
  • Old Piano Trio (Piano+Bass+Guitar) (2)
  • Drumless Trio (Piano+Bass+Horn) (2)
  • Female Musician (7)
  • Japanese Musician (1)
  • Bossa Nova (0)
  • Rock/Folk (0)
  • 2Horns (2)
  • 3Horns (0)
  • 4Horns (1)
  • Big Band (0)
  • Jazz Around (0)
  • 音楽以外/その他の分類 (29)
  • Book (4)
  • Cycling (1)
  • Photo (12)
  • Essay (0)


  • ■Archives

  • 2016年11月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年09月 (3)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (4)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (3)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (4)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (5)
  • 2011年05月 (3)
  • 2011年04月 (4)
  • 2011年03月 (2)
  • 2011年02月 (3)
  • 2011年01月 (6)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (6)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (8)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (3)
  • 2010年04月 (4)
  • 2010年03月 (5)
  • 2010年02月 (8)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (3)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (2)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (4)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (2)
  • 2008年08月 (4)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (1)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年04月 (1)


  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。