無料カウンター 満天ジャズCD倶楽部 喫茶店の出来事
FC2ブログ
 
 
 

■Profile

山帽子
  • 山帽子
  • ジャズの話題が中心ですが、時として話題はあらぬ方角へ飛ぶこともあります
                
  • RSS


  • ■Link

  • ゴイス音楽日記
  • 中年音楽狂日記
  • A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~ 
  • 豆腐に柳
  • 二流ジャズの愉しみ
  • Todo Sobre Mi Musica
  • Jazz from 43rd parallel north


  • ■Search



    ■2008/07/31(木) 喫茶店の出来事

     昼休み、近くの喫茶店へコーヒーを飲みに行く話は以前書き込んだと思うが、今日は驚くことがあった。と言っても、驚くのは非常に個人的なことであるので一般性は保証できないのであるが。

    つまり、こういうことだ。

    混雑する喫茶店の独り掛け用の椅子に腰をかけ、アイスコーヒーを啜り、文庫本を読んでいたのだが、何気に隣に座る女性の文庫本に目をやると、何と、岡崎武志著『古本病のかかりかた』(ちくま文庫)ではないか! カバーをしていないから直ぐにその特徴的な装丁でわかったのであるが、新刊が出るとほぼ買う数少ない”新刊で買う物書き”の一人がその岡崎武志なのである。(大方の本は古本で購入する私である・・)

    別に何を読んでも自由なのであるが、驚くのはうら若き女性・・・と言っても30才は周っているだろうか(失礼)、しかもそこそこの美形である・・・そういう人が読むべき本ではない、というのが私の**年生きてきた常識なのである。しかもファッション的な読書という姿勢ではない。読むのを楽しんでいるという様が傍から見ていても察知できるのである。それは見ていても実に微笑ましい光景である。岡崎武志の本を楽しそうに読む妙齢の女性が隣に座っているという情景。

    さて、私はどうしたらよいのであろうか。どうしても声をかけて見たいという想いが巡ったのである。それは妙齢で美しい女性だからと言うのが半分、岡崎武志を楽しそうに読んでいるというのが半分、理由的にはそんな構成比な心理であったろう。また、突き詰めると、女性は蒐集をする動物であったか?という根源的な疑問を問い質したいという欲求でもある(?)

    そうこうするうちに時間だけが無情に過ぎ、戻らねばならない時間が周ってしまっていることに気付く。慌てて表へ出ると、ギラギラした陽光が真上から照りつける。意気地のないことである。しかし、言い訳をすれば、殺伐とした現代において、見ず知らずの異性、特に年齢の離れた女性に常識的で正当な理由なくして話しかけるのは極めて困難が伴うことなのである。

    そういう訳で実に様々な想いが逡巡し去来した昼休みの一時であった。さて、本日のジャズ盤、今日は果たせなかった思いを込めてこの盤をアップしたい。ジャケ写も素晴らしい、ロマン香るピアノ・トリオの逸品である。

                Jul25~01 


    02:36 | トラックバック(0) | コメント(2) | Piano | Page Top


    <<涼を聴く ~ ジャズ・ハープの魅力 | ホーム | 『悲愁』 と 『Star Crossed Lovers』>>


    ■コメント

    ■確かに勇気が要りますね。
    山帽子さん、こんばんわ。
    なんとなく情景が目に浮かんできます。
    確かに見も知らない人に声をかけるのは
    我々の世代にとっては至難の技ですね。

    そうですね。新譜の多さには困ってしまいます。最近手に入れた新盤としてはゴイスさんのプログにも書いたのですがStefanoSabatiniの「Melodies」がお薦めです。1曲目のオリジナルからいいですね。
    Pianoはエバンス派(こういう言い方は嫌いののですが)でリリカルな音でTrioとしての完成度(出しゃばるメンバーがいない)は中々のものです。DUで購入したのですが入荷枚数は少なく直ぐ無くなりそうです。
    もう1枚Vocalをヤフオクで購入したのですがKellyEisenhourの「Seek&find」で大人のムードを良く表現しており最近のヒットでした。最近は試聴が出来るので外れが少なくなってきています。そろそろ所持枚数が3000枚を超えそうな今日この頃です。整理が追いつかないし山ノ神の視線が気になります。
    でも猟盤探しは死ぬまでやまないでしょうね。
    【2008/07/31 22:15】 URL | 江戸川亭 #- [ 編集]
    ■そうそう
    そうなんです。私達の世代は駄目ですね。気軽にいければ良いのですが・・最近の盤では良いと言われるものを聴いてみたりしますが、確かに良いのですが心底な感動盤はなく寂しい感じです。最近は遅ればせながらポーランドのジャズ(以前アップしたノットトゥなど)の素晴らしさに開眼です。まだまだ埋もれている底光りする盤があるうちはやめられませんね。
    【2008/08/01 13:41】 URL | 山帽子 #- [ 編集]
    Page Top


    ■コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    Page Top


    ■トラックバック

    トラックバックURL
    http://jammin.blog82.fc2.com/tb.php/177-8d842f5f
    Page Top


    |


    07 2020/08 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    ■Recent Entries

  • ■Marcos Jimenez~ソロピアノの魅力(11/24)
  • ■ゆえあってエヴァンス・ヴィレッジヴァンガード・コンプリート盤を聴く(09/27)
  • ■アコギの夏 ~ラルフ・タウナー(08/08)
  • ■『Signal Sessions』の話 (07/17)
  • ■Grant Levin ~ジャズ盤蒐集再燃~(06/28)
  • Jazzお茶ノ水博士と幻のピアノ・トリオ盤の話(05/30)
  • Long Good Bye(09/19)
  • 海辺の再会盤の話(02/22)
  • 珍屋 ~"猫棚"稀少盤の話~(02/22)
  • 骨折とドン・トンプソンの話(01/25)
  • チャーリー・ヘイデン・フォーエヴァー!(01/12)
  • フランスのスタンダーズ盤 その他(01/07)
  • 謹賀新年(01/01)
  • Lina Nyberg の熟成はいつなされたのか?(12/30)
  • 深夜に聴いたピアノ・トリオ盤のこと(11/14)


  • ■Recent Comments

  • 山帽子(11/16)
  • Tetsuo Shimizu(10/13)
  • 山帽子(07/17)
  • Mae-chan(07/14)
  • 山帽子(07/11)
  • Tetsuo Shimizu(07/09)
  • 山帽子(06/27)
  • バード(06/09)
  • 山帽子(04/01)
  • バード(03/20)


  • ■Recent Trackbacks

  • 中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar:ピアノもヴァイブもいけてるDon Thompson(07/03)
  • 中年音楽狂日記:Toshiya\'s Music Bar:Ralph Townerの魅力(05/01)


  • ■Category

  • 音楽/嗜好別の分類 (0)
  • Favorite Rare CD (52)
  • Favorite CD Jacket (5)
  • Favorite Tune (9)
  • 音楽/楽器別の分類 (191)
  • Piano (73)
  • Bass (10)
  • Drums (0)
  • Organ (1)
  • Baritone Sax (4)
  • Tenor Sax (11)
  • Alto Sax (2)
  • Soprano Sax (0)
  • Trumpet (3)
  • Trombone (0)
  • Clarinet (0)
  • Flute (0)
  • Guitar (6)
  • Vibraphone (3)
  • Harmonica (1)
  • Accordion (3)
  • Harp (1)
  • Strings (2)
  • Vocal (20)
  • Various  (28)
  • 音楽/編成その他の分類 (23)
  • Duo (8)
  • Old Piano Trio (Piano+Bass+Guitar) (2)
  • Drumless Trio (Piano+Bass+Horn) (2)
  • Female Musician (7)
  • Japanese Musician (1)
  • Bossa Nova (0)
  • Rock/Folk (0)
  • 2Horns (2)
  • 3Horns (0)
  • 4Horns (1)
  • Big Band (0)
  • Jazz Around (0)
  • 音楽以外/その他の分類 (29)
  • Book (4)
  • Cycling (1)
  • Photo (12)
  • Essay (0)


  • ■Archives

  • 2016年11月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年09月 (3)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (4)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (3)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (4)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (5)
  • 2011年05月 (3)
  • 2011年04月 (4)
  • 2011年03月 (2)
  • 2011年02月 (3)
  • 2011年01月 (6)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (6)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (8)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (3)
  • 2010年04月 (4)
  • 2010年03月 (5)
  • 2010年02月 (8)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (3)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (2)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (4)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (2)
  • 2008年08月 (4)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (1)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年04月 (1)