無料カウンター 満天ジャズCD倶楽部 "好い音楽"とは何か?
FC2ブログ
 
 
 

■Profile

山帽子
  • 山帽子
  • ジャズの話題が中心ですが、時として話題はあらぬ方角へ飛ぶこともあります
                
  • RSS


  • ■Link

  • ゴイス音楽日記
  • 中年音楽狂日記
  • A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~ 
  • 豆腐に柳
  • 二流ジャズの愉しみ
  • Todo Sobre Mi Musica
  • Jazz from 43rd parallel north


  • ■Search



    ■2009/12/06(日) "好い音楽"とは何か?

    今更な話題であるが、"好い音楽"とは何であろうか?と考えることがある。それは何のために生きているのかという疑問に等しいほどの根本的な命題であるのだが、極めて個人的なことゆえ余りオープンにすることもない話題である。岩波新書や講談社現代新書みたいなタイトルになってしまったが最後まで答えは無い。

    ずいぶん昔の話になるが、廃盤CDセールで一緒になった顔見知りのジャズ・マニアの方と一緒に珈琲を飲みながら話したことがあった。その時 "中古CD屋さんには好い盤がある訳ないですよね、みんな聴くのが嫌になった盤を売りにくるわけですから" という話をそのマニアの方がされた。その時は "そうですねぇ" と簡単に答えてしまったが、よく考えるとそうじゃないだろうという話なのである。

    そのマニアの言われるのは皆、同じ嗜好であるという大前提での話で、私の経験値から言ってそういうことはあり得ない。平たく言えば十人十色の好みがある訳で、誰もがマイルス・デイヴィスを、ファブリジオ・ボッソを、ビル・エヴァンスを、ブラッド・メルドーを、ソニー・ロリンズを、マックス・イオナータを、好いと思っている訳ではないのと同じである。

    この良さがわからなければジャズを聴く耳が出来ていない、或は "~を聴け!" みたいに脅されて(笑)こういうのが好いジャズなのかと薫陶(?)され、そういう職業的な方の本を買い試験前にマーキングして暗記するようにお勧め盤を蒐集して、或は某量販店のレコメンドやCDライナーの見事さに惚れ惚れしてつい購入したりしてしまう・・・CD量販店(家電屋みたい…笑)の戦略に攻略されてしまったと云うべきか・・・そういうジャズ・ファンが多数いることは量販店の店頭を見れば明らかである。ワン・オブである私が批判できることではないのだが、この現象は流通経路を考えると致し方ない結末であろうか。

    こういう風に考えることがある。"好み" は既に自分の内に在り、盤を選ぶのはその尺度との照合、そういう風にいつでも後追いなのではないか…試聴して気に入った盤を買うのが何よりの証左。某雑誌やレコメンドに左右されるのも新たな嗜好への出発となろうが、静かに内なる声を聴くのも又、良いのではないだろうか。

    さて今回も何の脈絡もない好きなペット吹きの特集である。

    Benny Bailey はペット吹きではダントツのフェイバリットである。経歴の妙だろうか、決して新たな嗜好への旅立ちとはならないが、果たしてそれに値するペット吹きっているだろうか?

    最近人気が高まる Emil Viklicky ピアノ・トリオとHarald Gundhus のテナーが参加する極め付きの愛聴盤。表題曲"While My Lady Sleeps" が滋味重厚なら、ゴルソンの名曲"Along Came Betty" は爽やか。お気に入りの"Serenade To A Planet"が好い。デンマーク・オスロ、レインボー・スタジオ録音。    

       Nov24#15
           『While My Lady Sleeps』
      (1990年録音 Gemini Records GMCD69 ) 

    ピアノ・レス編成でより自由度が増した演奏となる。Carlo Schobのテナーとイタリア・ミラノ録音。"Serenade To A Planet"をここでも演奏、これはB.Bailey版"Star-Crossed Lovers" か? 軽味の妙。 "Early Afternoon"の演奏が出色。

       Nov24#16
         
         『No Refill』
       (1992年録音 TCB Records 94202)

    レア本でも採り上げられたので、この盤が一番有名か。ドイツのピアノ・トリオ Bernhard Pichl ピアノ・トリオと4曲共演している。トリオがしっかりしているのでベイリーも伸びやか。自曲"Blues For Lady J"が渋い。

       Nov24#13

             『On The Corner 』
     (1995年録音 Jazz4ever Records J4E 4726)

    初期盤、クラーク-ボラン・ビッグバンドあたりをショートカットしたがこれが最後のレコーディング盤である。1925年生まれで、このレコーディング後の4月に亡くなったとライナーにあるので80歳前後の年齢であったと思われる。レコーディング・データが2005年としか記していないのでよく分からないのである。それにしてもしっかりしたペットを吹く。共演のマッシモ・ファラオのトリオも好い。終曲"Just Friends"は特に好きな曲で、B.Baileyは飄々と軽い演奏に仕立てた。ラスト・レコーディングであることを念頭に聴くとヒトシオ込み上げてくるものがある。

       Nov24#14   

             『Last Recording』
      (2005年録音 Azzurra Music TBPJA104 )

      


    16:52 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽/楽器別の分類 | Page Top


    <<John Esposito  | ホーム | 最近嵌っているヴォーカル盤>>


    ■コメント

    Page Top


    ■コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    Page Top


    ■トラックバック

    トラックバックURL
    http://jammin.blog82.fc2.com/tb.php/311-5ee9cf09
    Page Top


    |


    07 2020/08 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    ■Recent Entries

  • ■Marcos Jimenez~ソロピアノの魅力(11/24)
  • ■ゆえあってエヴァンス・ヴィレッジヴァンガード・コンプリート盤を聴く(09/27)
  • ■アコギの夏 ~ラルフ・タウナー(08/08)
  • ■『Signal Sessions』の話 (07/17)
  • ■Grant Levin ~ジャズ盤蒐集再燃~(06/28)
  • Jazzお茶ノ水博士と幻のピアノ・トリオ盤の話(05/30)
  • Long Good Bye(09/19)
  • 海辺の再会盤の話(02/22)
  • 珍屋 ~"猫棚"稀少盤の話~(02/22)
  • 骨折とドン・トンプソンの話(01/25)
  • チャーリー・ヘイデン・フォーエヴァー!(01/12)
  • フランスのスタンダーズ盤 その他(01/07)
  • 謹賀新年(01/01)
  • Lina Nyberg の熟成はいつなされたのか?(12/30)
  • 深夜に聴いたピアノ・トリオ盤のこと(11/14)


  • ■Recent Comments

  • 山帽子(11/16)
  • Tetsuo Shimizu(10/13)
  • 山帽子(07/17)
  • Mae-chan(07/14)
  • 山帽子(07/11)
  • Tetsuo Shimizu(07/09)
  • 山帽子(06/27)
  • バード(06/09)
  • 山帽子(04/01)
  • バード(03/20)


  • ■Recent Trackbacks

  • 中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar:ピアノもヴァイブもいけてるDon Thompson(07/03)
  • 中年音楽狂日記:Toshiya\'s Music Bar:Ralph Townerの魅力(05/01)


  • ■Category

  • 音楽/嗜好別の分類 (0)
  • Favorite Rare CD (52)
  • Favorite CD Jacket (5)
  • Favorite Tune (9)
  • 音楽/楽器別の分類 (191)
  • Piano (73)
  • Bass (10)
  • Drums (0)
  • Organ (1)
  • Baritone Sax (4)
  • Tenor Sax (11)
  • Alto Sax (2)
  • Soprano Sax (0)
  • Trumpet (3)
  • Trombone (0)
  • Clarinet (0)
  • Flute (0)
  • Guitar (6)
  • Vibraphone (3)
  • Harmonica (1)
  • Accordion (3)
  • Harp (1)
  • Strings (2)
  • Vocal (20)
  • Various  (28)
  • 音楽/編成その他の分類 (23)
  • Duo (8)
  • Old Piano Trio (Piano+Bass+Guitar) (2)
  • Drumless Trio (Piano+Bass+Horn) (2)
  • Female Musician (7)
  • Japanese Musician (1)
  • Bossa Nova (0)
  • Rock/Folk (0)
  • 2Horns (2)
  • 3Horns (0)
  • 4Horns (1)
  • Big Band (0)
  • Jazz Around (0)
  • 音楽以外/その他の分類 (29)
  • Book (4)
  • Cycling (1)
  • Photo (12)
  • Essay (0)


  • ■Archives

  • 2016年11月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年09月 (3)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (4)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (3)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (4)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (5)
  • 2011年05月 (3)
  • 2011年04月 (4)
  • 2011年03月 (2)
  • 2011年02月 (3)
  • 2011年01月 (6)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (6)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (8)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (3)
  • 2010年04月 (4)
  • 2010年03月 (5)
  • 2010年02月 (8)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (3)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (2)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (4)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (2)
  • 2008年08月 (4)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (1)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年04月 (1)