無料カウンター 満天ジャズCD倶楽部 優れ盤はまだまだ埋もれているのだ~千葉漁盤記
FC2ブログ
 
 
 

■Profile

山帽子
  • 山帽子
  • ジャズの話題が中心ですが、時として話題はあらぬ方角へ飛ぶこともあります
                
  • RSS


  • ■Link

  • ゴイス音楽日記
  • 中年音楽狂日記
  • A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~ 
  • 豆腐に柳
  • 二流ジャズの愉しみ
  • Todo Sobre Mi Musica
  • Jazz from 43rd parallel north


  • ■Search



    ■2010/06/09(水) 優れ盤はまだまだ埋もれているのだ~千葉漁盤記

    昨日 仕事の関係で何年振りかで千葉市に行った。促々と仕事を終え、久しぶりに千葉市での漁盤廻りに出かけた。JR千葉駅を出て京成千葉駅前を通過、先ずは『Drops Records』へ向かう。恋しい女性に合うように心が急く。この中古ショップは7~8年前ジョージア・ギブス『ミュージック&メモリーズ』のコンディションが良いものを奇跡のように安価で入手した経緯があり、期待するところが大きい。商品も綺麗で、某大手チェーン店のラフさ(これも別な観点から見ると魅力なのだが・・)に比べると品質に目の行き届いた信頼できる店である。総体的に廃盤だからと言ってCDに馬鹿高いプライスをつけないのは多分CDの再発容易性を知っているからに違いない。或は店独自、DU価格標準とは異なるスタンダーズを持っているのだろう。偉い。

    急いで歩いたので背中が汗で滝状態、『Drops Records』の良く効くエアコンの風が心地好い。2階の入り口から右折、突きあたりの棚の左上がジャズ・ヴォーCDが位置し右側へ各種インスト盤が続く、筈であった。しかし昔通りの配列を変えないでいるほど世の動きは悠長ではなく、訪問のインターバルは長過ぎたようだ。思いもかけないディスプレイに戸惑ったが、ありきたりな国内盤が並ぶ棚をざっと流し、輸入CD盤らしい段ボールの餌箱2箱を発見する。1箱目はスカ、2箱目に期待する。何か好い盤に巡り合える予感じみたものを感じる。しかし最近、そういう直観は楽観であることが多く、大概外れることが多い。今回も落胆の一歩手目まで渉猟していた時、どこかで目にしたグリーンの盤が目に付いた。一瞬 Jan Kaspersen Trio の緑のジャケかと思ったが、よく見ると Siegfried Kessler Trio である。思わず "ウッ" と声を出してしまった。以前よりアナログで捜していた盤(IMPRO 04)であるが 幸運にもCDで見つけることができたのである。アーチー・シェップが2曲に参加していて粘着質な演奏を聴かせる名盤であるが、やはり特筆すべきはトリオ演奏でのJenny Clark とSiegfried Kessler とが絡む超絶技巧の素晴らしさである。これほどの盤が埋もれていたとは…いや、埋もれて探し出せなかった自分を恥じるばかりである。今更、採りあげるのも恥ずかしいのであるが、やっと入手が成った顛末である。 因みに右が Jan Kaspersen Trio のジャケ、微妙に緑色が異なる。                             

         Jun13_01.jpg                  Jun13_05.jpg                       
            Siegfried Kessler Trio                   Jan Kaspersen Trio    
              『Invitation』                      『Special Occasion』
        (1979年録音 IMPRO 04 152092)        (1988年録音 Olufsen Records DOCD5111)
       #1"Invitation" #4 "Along Came Betty"      #3"Birthday Telegram" #6"Easy Talk" #7"Untitled Ballad"
           #5"Silver Serenade"               #8"Five Point Star" #11"I'll buy you Gold and Silver"

    さて、残るは『DU千葉』である。その昔ケンミュージックのフィル・マコービッツ・ピアノ・トリオを入手したのもこの店、あまり期待はできないが稀に拾いものがある。『Drops Records』を出て千葉中央駅方面へ向かうと少しうらぶれた感じの商店街の一画にある、筈であった。しかしここでも時間の経過を痛いほど知った。降ろされたシャッターに移転の旨が記されている。しかし肝心な移転先が記されていないので別のDU店へ電話をして尋ねると何と千葉駅から近いところ、某デパートの近くとのことである。しかし残念ながら、ここでは特筆すべきことはなかった。

    22:30 | トラックバック(0) | コメント(2) | Favorite Rare CD | Page Top


    <<蛍の話 Dino Piana~Franco Piana | ホーム | 依存症の話~Esbjorn Svensson>>


    ■コメント

    ■ドロップスレコード
    確かにドロップスレコード良心的な店だと思います。一見ジャズは少なそうに見えるのですが、よくよく探すと結構安くて品ぞろえがいいです。私も2年ほど前にそこに行って猟盤し、結構リーズナブルな値段でほしいブツを取得した覚えがあります。
    【2010/06/16 23:58】 URL | goiss #AjGbvrSc [ 編集]
    ■Re:ドロップスレコード
    ゴイスさん お久しぶりです。

    流石、千葉の方まで探索の足を延ばしているのですね。

    最近はこうした良質なお店が少なくなった気がします。活字文化同様CDの存在自体が斜陽な感じですので益々困難な時代になりつつあるような気がします。
    【2010/06/17 23:42】 URL | 山帽子 #- [ 編集]
    Page Top


    ■コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    Page Top


    ■トラックバック

    トラックバックURL
    http://jammin.blog82.fc2.com/tb.php/356-20b305ff
    Page Top


    |


    07 2019/08 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    ■Recent Entries

  • ■Marcos Jimenez~ソロピアノの魅力(11/24)
  • ■ゆえあってエヴァンス・ヴィレッジヴァンガード・コンプリート盤を聴く(09/27)
  • ■アコギの夏 ~ラルフ・タウナー(08/08)
  • ■『Signal Sessions』の話 (07/17)
  • ■Grant Levin ~ジャズ盤蒐集再燃~(06/28)
  • Jazzお茶ノ水博士と幻のピアノ・トリオ盤の話(05/30)
  • Long Good Bye(09/19)
  • 海辺の再会盤の話(02/22)
  • 珍屋 ~"猫棚"稀少盤の話~(02/22)
  • 骨折とドン・トンプソンの話(01/25)
  • チャーリー・ヘイデン・フォーエヴァー!(01/12)
  • フランスのスタンダーズ盤 その他(01/07)
  • 謹賀新年(01/01)
  • Lina Nyberg の熟成はいつなされたのか?(12/30)
  • 深夜に聴いたピアノ・トリオ盤のこと(11/14)


  • ■Recent Comments

  • 山帽子(11/16)
  • Tetsuo Shimizu(10/13)
  • 山帽子(07/17)
  • Mae-chan(07/14)
  • 山帽子(07/11)
  • Tetsuo Shimizu(07/09)
  • 山帽子(06/27)
  • バード(06/09)
  • 山帽子(04/01)
  • バード(03/20)


  • ■Recent Trackbacks

  • 中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar:ピアノもヴァイブもいけてるDon Thompson(07/03)
  • 中年音楽狂日記:Toshiya\'s Music Bar:Ralph Townerの魅力(05/01)


  • ■Category

  • 音楽/嗜好別の分類 (0)
  • Favorite Rare CD (52)
  • Favorite CD Jacket (5)
  • Favorite Tune (9)
  • 音楽/楽器別の分類 (191)
  • Piano (73)
  • Bass (10)
  • Drums (0)
  • Organ (1)
  • Baritone Sax (4)
  • Tenor Sax (11)
  • Alto Sax (2)
  • Soprano Sax (0)
  • Trumpet (3)
  • Trombone (0)
  • Clarinet (0)
  • Flute (0)
  • Guitar (6)
  • Vibraphone (3)
  • Harmonica (1)
  • Accordion (3)
  • Harp (1)
  • Strings (2)
  • Vocal (20)
  • Various  (28)
  • 音楽/編成その他の分類 (23)
  • Duo (8)
  • Old Piano Trio (Piano+Bass+Guitar) (2)
  • Drumless Trio (Piano+Bass+Horn) (2)
  • Female Musician (7)
  • Japanese Musician (1)
  • Bossa Nova (0)
  • Rock/Folk (0)
  • 2Horns (2)
  • 3Horns (0)
  • 4Horns (1)
  • Big Band (0)
  • Jazz Around (0)
  • 音楽以外/その他の分類 (29)
  • Book (4)
  • Cycling (1)
  • Photo (12)
  • Essay (0)


  • ■Archives

  • 2016年11月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年09月 (3)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (4)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (3)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (4)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (5)
  • 2011年05月 (3)
  • 2011年04月 (4)
  • 2011年03月 (2)
  • 2011年02月 (3)
  • 2011年01月 (6)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (6)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (8)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (3)
  • 2010年04月 (4)
  • 2010年03月 (5)
  • 2010年02月 (8)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (3)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (2)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (4)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (2)
  • 2008年08月 (4)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (1)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年04月 (1)