無料カウンター 満天ジャズCD倶楽部 イタリアのピアノ・トリオの話 その他身辺雑記
 
 
 

■Profile

山帽子
  • 山帽子
  • ジャズの話題が中心ですが、時として話題はあらぬ方角へ飛ぶこともあります
                
  • RSS


  • ■Link

  • ゴイス音楽日記
  • 中年音楽狂日記
  • A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~ 
  • 豆腐に柳
  • 二流ジャズの愉しみ
  • Todo Sobre Mi Musica
  • Jazz from 43rd parallel north


  • ■Search



    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック(-) | コメント(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2012/10/21(日) イタリアのピアノ・トリオの話 その他身辺雑記

    心が晴れないときは古本屋へ行くに限る。背表紙を眺め、心のアンテナにピンときた本を立ち読みしていると何故か心は晴れやかになる。こんなに沢山の未読の本が有ると言うのに詰まらない世事に拘泥する暇などないなぁと思うことにして幾分の逃避を試みる。そして帰りに美味しいラーメン屋にでも寄って小腹を満たす。それでも治癒しない場合、帰宅して風呂に入る。勿論ぬる湯で長風呂、湯舟に横になって頭を空っぽにするよう心がける。また、風呂上りに気に入った音楽を聴く。それは最近の気に入ったジャズ盤でもいいが、なければ昔からお馴染みのロックであっても好い。例えばトム・ウェイツだとか、イエスだとかである。まあ大方のモヤモヤはそうこうする内に晴れやかになる。実のところ別にそういう手続きなど踏まなくったって同じかも知れないなぁと心の片隅で思っている。・・・永年人間をやってくれば余計な力など借りなくったってそれなりの知恵はつけている筈だ。筋肉痛に湿布をするようなものだと笑ってみる。さてそこで大事なことだが決して酒は飲まないことだ。極私的なことだが、落ち込んだ状態で飲酒した次の日の精神状態は最悪と相場は決まっている。何度も同じ轍は踏まない。健全な逃避が一番だ。  


    月に数十枚の単位でCDを蒐集しているので、比喩でなく足の踏み場、肘の置き場もない状態と化している私のパソコン周辺。CDの山を眺め今度はこんな特集でブログをアップしようなどと考えているのだが仕事であっちこっちに出張っているのでなかなか儘ならない。この前は、『バーコードのない怪しい盤』をブログ・アップしようと深夜、バーコードのない盤をピックアップしていたら、困ったことに次から次へ怪しい盤が出てきて収拾がつかず断念した。一部の盤だけを見て言うのも性急だが、概してバーコードのない盤の方が出来が好いという感想を持つ。これも乱暴な言い方だが、商業べースに乗った盤は面白くない。ヴィーナス・レコードに吹き込むようになった途端、面白くなくなった面々を思い返せばよく解るだろう(・・失礼) そう言えばボブ・ディランが売れていく過程でもそんなことがあったな。いや、あれは電化していったからだっけ?


    水道が何処かで漏水しているようだと検針のおばちゃんが記録していったので役所の水道局の人を呼び調べて貰ったところ、本管から家までの間ではなく給湯器辺りから漏れているだろうとのこと。そのころ同時に室内の給湯表示器にエラー表示が出ていたので原因は同じだと踏んで家人に給湯器のメーカーに連絡させ修理を依頼した。部品交換しエラー表示は消えたが、漏水は別なところらしいと言って業者は無責任にも帰って行った。おいおい、一体どこが悪かったんだと家人を責めるが、そこはメカに弱い家人、解る訳はないでしょうと逆に反撃される始末。そこで大黒柱たる(?)私が出番となった。オール電化工事を頼んだ業者に電話し何とかしてくれと頼むと、元気の良い水道屋さんが飛んできて数分調べた結果、流しで水仕事をしていた家人のところへ来てここですねと言う。流しの下の逆流弁が壊れていて、それがために温水器のお湯が無駄に流出していると見立てた。流石、プロの水道屋さん。数十分で工事は終わり、中古の弁をつけましたからお代はいいですとサッパリ帰っていた。プロだ、本物のプロだ、ウ~ム なんと恰好がイイのだ・・・私は思わず家人と向き合い頷きあったのである。


    イタリア・ジャズの懐は深い。ラテン系のエッセンスとジャズ特有の哀愁感が醸す得も言えぬ味わいがある。それは米国本場のジャズとは異なる北欧ジャズとも異なる、イタリーのジャズとしか言いようのない山脈を形成している。好みのミュージシャンを挙げるとなれば枚挙にいとまがない。古くはレナート・セラーニ、そして今やイタリア、いや欧州を代表するピアニストであるエンリコ・ピエラヌンツィ・・・等々 そしてアレッサンドロ・ガラティ。彼の盤で言えば1995年作品 『トラクション・アヴァン』を筆頭、素晴らしい盤があるが今回の Italstandards Jazz Trio 『Forse』は趣を変え、表題どおりイタリアン・ミュージックに絞った構成となっている。この趣旨では Paolo Birro や Dick Fregulia 等も好い盤を残していてどれも素晴らしい。
     
              
    Sep01$04.jpg
                Italstandards Jazz Trio 『Forse』
                 (録音年不詳 JAzZMUD 002)

    22:55 | トラックバック(0) | コメント(0) | Piano | Page Top


    <<恥ずかしがり屋の歌姫たち | ホーム | フラナガン "Star Crossed Lovers" の話>>


    ■コメント

    Page Top


    ■コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    Page Top


    ■トラックバック

    トラックバックURL
    http://jammin.blog82.fc2.com/tb.php/520-14209a03
    Page Top


    |


    08 2017/09 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    ■Recent Entries

  • ■Marcos Jimenez~ソロピアノの魅力(11/24)
  • ■ゆえあってエヴァンス・ヴィレッジヴァンガード・コンプリート盤を聴く(09/27)
  • ■アコギの夏 ~ラルフ・タウナー(08/08)
  • ■『Signal Sessions』の話 (07/17)
  • ■Grant Levin ~ジャズ盤蒐集再燃~(06/28)
  • Jazzお茶ノ水博士と幻のピアノ・トリオ盤の話(05/30)
  • Long Good Bye(09/19)
  • 海辺の再会盤の話(02/22)
  • 珍屋 ~"猫棚"稀少盤の話~(02/22)
  • 骨折とドン・トンプソンの話(01/25)
  • チャーリー・ヘイデン・フォーエヴァー!(01/12)
  • フランスのスタンダーズ盤 その他(01/07)
  • 謹賀新年(01/01)
  • Lina Nyberg の熟成はいつなされたのか?(12/30)
  • 深夜に聴いたピアノ・トリオ盤のこと(11/14)


  • ■Recent Comments

  • 山帽子(11/16)
  • Tetsuo Shimizu(10/13)
  • 山帽子(07/17)
  • Mae-chan(07/14)
  • 山帽子(07/11)
  • Tetsuo Shimizu(07/09)
  • 山帽子(06/27)
  • バード(06/09)
  • 山帽子(04/01)
  • バード(03/20)


  • ■Recent Trackbacks

  • 中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar:ピアノもヴァイブもいけてるDon Thompson(07/03)
  • 中年音楽狂日記:Toshiya\'s Music Bar:Ralph Townerの魅力(05/01)


  • ■Category

  • 音楽/嗜好別の分類 (0)
  • Favorite Rare CD (52)
  • Favorite CD Jacket (5)
  • Favorite Tune (9)
  • 音楽/楽器別の分類 (191)
  • Piano (73)
  • Bass (10)
  • Drums (0)
  • Organ (1)
  • Baritone Sax (4)
  • Tenor Sax (11)
  • Alto Sax (2)
  • Soprano Sax (0)
  • Trumpet (3)
  • Trombone (0)
  • Clarinet (0)
  • Flute (0)
  • Guitar (6)
  • Vibraphone (3)
  • Harmonica (1)
  • Accordion (3)
  • Harp (1)
  • Strings (2)
  • Vocal (20)
  • Various  (28)
  • 音楽/編成その他の分類 (23)
  • Duo (8)
  • Old Piano Trio (Piano+Bass+Guitar) (2)
  • Drumless Trio (Piano+Bass+Horn) (2)
  • Female Musician (7)
  • Japanese Musician (1)
  • Bossa Nova (0)
  • Rock/Folk (0)
  • 2Horns (2)
  • 3Horns (0)
  • 4Horns (1)
  • Big Band (0)
  • Jazz Around (0)
  • 音楽以外/その他の分類 (29)
  • Book (4)
  • Cycling (1)
  • Photo (12)
  • Essay (0)


  • ■Archives

  • 2016年11月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年09月 (3)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (4)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (3)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (4)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (5)
  • 2011年05月 (3)
  • 2011年04月 (4)
  • 2011年03月 (2)
  • 2011年02月 (3)
  • 2011年01月 (6)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (6)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (8)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (3)
  • 2010年04月 (4)
  • 2010年03月 (5)
  • 2010年02月 (8)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (3)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (2)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (4)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (2)
  • 2008年08月 (4)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (1)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年04月 (1)


  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。