無料カウンター 満天ジャズCD倶楽部 1970年代のジャズ盤:Don Thompson 
 
 
 

■Profile

山帽子
  • 山帽子
  • ジャズの話題が中心ですが、時として話題はあらぬ方角へ飛ぶこともあります
                
  • RSS


  • ■Link

  • ゴイス音楽日記
  • 中年音楽狂日記
  • A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~ 
  • 豆腐に柳
  • 二流ジャズの愉しみ
  • Todo Sobre Mi Musica
  • Jazz from 43rd parallel north


  • ■Search



    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック(-) | コメント(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2013/06/30(日) 1970年代のジャズ盤:Don Thompson 

    のっけから音楽の話をするのも情緒がないが今日はこの盤の話から始める。Don Thompson 『Country Place』。1975年録音のこのアルバムはある種特別な想いがあるアルバムである。それはDon Thompson のピアノが聴けるからである。どうもこの方私の探索が甘い所為だろうかなかなかピアノ演奏が聴ける盤に巡り合えない。ご存じの通りマルチな才能がある彼はヴァイブやベースもよくこなすからである。

    アナログでは勿論所持していたがプレイヤーが故障して以来CD化を願ってやまない盤の一枚である。数年前何処かの海外サイトでCDが発売されているのを発見して吃驚狂喜、即行で発注したのだが何故か今日まで梨のつぶてである。そんなことも忘れていた今日この頃ふと何処ぞのウェブショップを覗くとかの『Country Place』 の懐かしいジャケットが再び目に入った。何とあのレコードが今度は国内盤CD(紙ジャケ)で発売されているではないか。今度こそ間違いないと確信し発注をしたのは言うまでもない。

    この盤の評価は70年代のフォーキー・ジャズと言うところが大方のようでCDライナーにはジョニ・ミッチェル、ブルース・コバーン、ニール・ヤング、レナード・コーエン、デヴィッド・ブルーなどのカナダ出身ミュージシャンと同様な感触があること、またジャズではキース・ジャレットの『マイ・ソング』などの牧歌的側面との近似性を記している。そうなのである。この70年代をリアルタイムに生きてきた私にとって時代の香り:干草のように心和ませる香り漂うこよなく愛しい作品群を形成する重要な1枚なのである。この作品であるがより具体的に言えば表題となっている#1“Country Place”は同じく1975年録音のニール・ヤングの代表作『Zuma』収録の”Danger Bird” を想わせ #2” For Cris Gage” は直ぐにでも歌詞を載せれば唄えるようなメロディアスな曲で #6 ”Song For Sonny” と瓜二つな出だしで驚く。

    Don Thompson との出会いはポール・デスモンドがきっかけである。多分大方のファンの入り口はデスモンドではないかと思う。そのつながりで行くと Ed Bickert などにも繋がってきてデュオ盤などに辿りつくのかも知れない。

    何れにせよこの盤は外せない青春(!)の1枚である。

                              

                        Jun30~01                         
                          Don Thompson 『Country Place』
                         (1975年録音 Muzak MZCS-1271)


    23:46 | トラックバック(1) | コメント(2) | Piano | Page Top


    <<ジプシー・ギターの夏 | ホーム | 邦人ピアノ・トリオの脱帽盤>>


    ■コメント

    ■TBさせて頂きたいところですが,FC2だと多分駄目ですね。
    山帽子さん,お久しぶりです。

    私もこのアルバム持っています。CDは購入していませんが,なかなかいいアルバムだと思います。

    私がDon Thompsonの名前を最初に意識したのはJim Hallのライブ盤だと思いますが,結局はPaul Desmondに行きつきますね。Ed Bickertとのデュオ盤もいいですよねぇ。今回の再発はBickert盤だけ買い,こちらは購入はしていませんが,Bickert盤はジャケ違いで出ていたものを保有していたというポカをやってしまいました。

    ということで,古い記事で恐縮ですが,TBを試みます。駄目な時のために,URLも貼り付けさせて頂きます。
    http://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2007/11/don_thompson_cca8.html
    【2013/07/03 22:08】 URL | 中年音楽狂 #uMKEDMHo [ 編集]
    ■Re
    toshiyaさん こんばんは

    早くにこの盤を採り上げられていて驚きました。私も同様な経緯でこの盤を聴くようになり、同様なミュージシャンに惹かれています。

    Bickert のソリッドでありながら深い抒情性のある演奏は格別ですね。最近これは逆にソリッド故に醸せる業ではないかと思っています。印象は違いますが初期のジョン・アバークロンビーのギターにも言えることです。


    【2013/07/05 22:37】 URL | 山帽子 #- [ 編集]
    Page Top


    ■コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    Page Top


    ■トラックバック

    トラックバックURL
    http://jammin.blog82.fc2.com/tb.php/560-a0cf2d92
    ピアノもヴァイブもいけてるDon Thompson
    Country Place Don Thompson(P.M.) 先日,Ed Bickertとの共演盤を取り上げたDon Thompsonであるが,本盤は本業のベースを離れ,ピアノとヴァイブに専念した
    【中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar 2013/07/03 22:09】
    Page Top


    |


    03 2017/04 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -


    ■Recent Entries

  • ■Marcos Jimenez~ソロピアノの魅力(11/24)
  • ■ゆえあってエヴァンス・ヴィレッジヴァンガード・コンプリート盤を聴く(09/27)
  • ■アコギの夏 ~ラルフ・タウナー(08/08)
  • ■『Signal Sessions』の話 (07/17)
  • ■Grant Levin ~ジャズ盤蒐集再燃~(06/28)
  • Jazzお茶ノ水博士と幻のピアノ・トリオ盤の話(05/30)
  • Long Good Bye(09/19)
  • 海辺の再会盤の話(02/22)
  • 珍屋 ~"猫棚"稀少盤の話~(02/22)
  • 骨折とドン・トンプソンの話(01/25)
  • チャーリー・ヘイデン・フォーエヴァー!(01/12)
  • フランスのスタンダーズ盤 その他(01/07)
  • 謹賀新年(01/01)
  • Lina Nyberg の熟成はいつなされたのか?(12/30)
  • 深夜に聴いたピアノ・トリオ盤のこと(11/14)


  • ■Recent Comments

  • 山帽子(11/16)
  • Tetsuo Shimizu(10/13)
  • 山帽子(07/17)
  • Mae-chan(07/14)
  • 山帽子(07/11)
  • Tetsuo Shimizu(07/09)
  • 山帽子(06/27)
  • バード(06/09)
  • 山帽子(04/01)
  • バード(03/20)


  • ■Recent Trackbacks

  • 中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar:ピアノもヴァイブもいけてるDon Thompson(07/03)
  • 中年音楽狂日記:Toshiya\'s Music Bar:Ralph Townerの魅力(05/01)


  • ■Category

  • 音楽/嗜好別の分類 (0)
  • Favorite Rare CD (52)
  • Favorite CD Jacket (5)
  • Favorite Tune (9)
  • 音楽/楽器別の分類 (191)
  • Piano (73)
  • Bass (10)
  • Drums (0)
  • Organ (1)
  • Baritone Sax (4)
  • Tenor Sax (11)
  • Alto Sax (2)
  • Soprano Sax (0)
  • Trumpet (3)
  • Trombone (0)
  • Clarinet (0)
  • Flute (0)
  • Guitar (6)
  • Vibraphone (3)
  • Harmonica (1)
  • Accordion (3)
  • Harp (1)
  • Strings (2)
  • Vocal (20)
  • Various  (28)
  • 音楽/編成その他の分類 (23)
  • Duo (8)
  • Old Piano Trio (Piano+Bass+Guitar) (2)
  • Drumless Trio (Piano+Bass+Horn) (2)
  • Female Musician (7)
  • Japanese Musician (1)
  • Bossa Nova (0)
  • Rock/Folk (0)
  • 2Horns (2)
  • 3Horns (0)
  • 4Horns (1)
  • Big Band (0)
  • Jazz Around (0)
  • 音楽以外/その他の分類 (29)
  • Book (4)
  • Cycling (1)
  • Photo (12)
  • Essay (0)


  • ■Archives

  • 2016年11月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年09月 (3)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (4)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (3)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (4)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (5)
  • 2011年05月 (3)
  • 2011年04月 (4)
  • 2011年03月 (2)
  • 2011年02月 (3)
  • 2011年01月 (6)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (6)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (8)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (3)
  • 2010年04月 (4)
  • 2010年03月 (5)
  • 2010年02月 (8)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (3)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (2)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (4)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (2)
  • 2008年08月 (4)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (1)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年04月 (1)


  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。