無料カウンター 満天ジャズCD倶楽部 様々な"Time Remembered"
 
 
 

■Profile

山帽子
  • 山帽子
  • ジャズの話題が中心ですが、時として話題はあらぬ方角へ飛ぶこともあります
                
  • RSS


  • ■Link

  • ゴイス音楽日記
  • 中年音楽狂日記
  • A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~ 
  • 豆腐に柳
  • 二流ジャズの愉しみ
  • Todo Sobre Mi Musica
  • Jazz from 43rd parallel north


  • ■Search



    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック(-) | コメント(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2014/05/11(日) 様々な"Time Remembered"

    "花に嵐の喩もあるさ、サヨナラだけが人生さ" とは元が誰の言葉で誰の翻訳だったか忘れたが蓋し名訳である。深い意味はさて置き即物的な話で色気もないが気候のからくりで春は強風がよく吹く。せっかく咲いた花々をじっくり鑑賞することもなく散らされた無念を幾度も経験した。その経験から学べば開花に立ち会えた一瞬の僥倖を貪らなければならず、又の機会はないのだと心得なければならない。ここで言うところの花は安直なイメージしか持てないので桜以外思い浮かばない。そして青空に咲く満開の桜は何故かビル・エヴァンスの名曲 "Time Remembered" を想わせる。いやはや強引な展開で"Time Remembered"に話を着地させてしまった。

    そう言う訳で私のアイポッドには様々な奏者による "Time Remembered" が30曲以上収録されている。もちろんこの曲が好きなのだ。静謐を湛えた美しい旋律。淡色でありながら深みを帯びた色彩ある演奏はそれぞれに微妙な色合いを異にしている。その何れも個性があって好い。しかし自分の中では自ずと序列が出来上がっている。エヴァンスの演奏(これも数曲あるが)を除外するとやはり私的には Stefano Battaglia 、Tad Britton、Arrigo Cappelletti 、Eric Frey 、
    Trio Acoustic(Zoltan Olah)、Wolfert Brederode、Gösta Rundqvist 、Kenny Werner、Alfredo Remus、Joey Calderazzo、Sic trio(Isabel Membrilla)、Roberto Olzer、Marco Marconi、Piero Frassi、Gary Schunk、Ken Rhodes、Joe Simon、Chano Domínguez、Roland Batik …ピアノ・トリオではおおよそこんな好みの順である。が、
    最近このブログでも紹介した Dave Buehler Trioを聴き込むと異変が起きた。ステファノ・バタグリアや タッド・ブリットンを抑えベスト・フェイバリッツの座を射止めている。

    さてインターバルが随分になってしまった。

    この"Time Remembered"については音楽のスキルがあるならばハーモニー/コードの面白さとメロディについて気の利いたことを言及できるのであろうが私にその知識はない。唯一言えることはエヴァンスの美意識が凝縮した最もエヴァンスらしい作品だということ。その緩やかさと深さを湛えた美しい旋律には何か云いようのない思想が宿っているような気がしてならない。それがどういうものであるかこれも上手くは言えない。いやはや これでは何も語ったことにならないな。勘弁。

    閑話休題。

    休日の今日 絶好の日和に恵まれた。勿論 最近嵌ったサイクリングの日和である。

    朝起きると早速風呂に入る。湯船の中で今日のサイクリングのルートをあれこれ想定する。今日は無念にも途中で力尽き引き返してしまったあの峠をなんにしても制覇しようと思う。そんなことを考えながら湯舟に浮かぶ。朝食を摂りイソイソとビブ・ショーツとジャージに着替える。すると何故か得も言えないものがこみあげてくるのを感じる。そう平坦に云えばワクワクしてくるのだ。もう何十年も感じたことのない感情だ。嬉しい。

    そう言う訳で今日は非常に辛く厳しかったがどうにかあの峠を制覇した。エンジンはこの肉体だが如何せん半世紀以上落ちのポンコツだ。大勢の若いライダーに抜かれながらもどうにか頂上を極めた。峠の休憩所で私より6つ年長のライダーの方と話をした。その方のバイクはクロモリで実に渋い。最近はスピード第一のロード・バイクばかりでねぇと少し困った顔で仰った。斯く言う私のそれも自転車屋さんに薦められて購入した今流行りのカーボン製、若干の違和感を覚えているのは否めない。実は私も風景を眺めながら気に入った写真を撮るような輪行をしたかったのだと云うと、それではもう一台そういうバイクを買えば好いですねと云う。なるほどそう言う選択もあるなぁと目から鱗が落ちるように思い至る。なぜこれほど簡単なことを思いつかなかったのだろう。

    帰り道近所の坂道を登った。登る度にキツイなぁと思う坂だったが大きな峠超えを達成した後なので何の苦もなく登り切った。これを進歩/向上と云うのだろうね。まだまだやれるさ・・・。 

    因みに今日は何故かルグランの名曲 "What Are You Doing The Rest Of Your Life"が頭に鳴っていた。木漏れ陽のなか鼻唄しながら帰ったのであった。
      
       
    __ (10)      __ (11)       __ (13)

        峠の途中の地蔵様/ヘッドフォンか?  欅の老木/重厚感がウッド・ベースの様   川沿いの心地好い下り道/登るから下れる  
     





    01:34 | トラックバック(0) | コメント(0) | Favorite Tune | Page Top


    <<山法師の咲くころ | ホーム | 身辺雑記>>


    ■コメント

    Page Top


    ■コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    Page Top


    ■トラックバック

    トラックバックURL
    http://jammin.blog82.fc2.com/tb.php/584-13f2ec65
    Page Top


    |


    08 2017/09 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    ■Recent Entries

  • ■Marcos Jimenez~ソロピアノの魅力(11/24)
  • ■ゆえあってエヴァンス・ヴィレッジヴァンガード・コンプリート盤を聴く(09/27)
  • ■アコギの夏 ~ラルフ・タウナー(08/08)
  • ■『Signal Sessions』の話 (07/17)
  • ■Grant Levin ~ジャズ盤蒐集再燃~(06/28)
  • Jazzお茶ノ水博士と幻のピアノ・トリオ盤の話(05/30)
  • Long Good Bye(09/19)
  • 海辺の再会盤の話(02/22)
  • 珍屋 ~"猫棚"稀少盤の話~(02/22)
  • 骨折とドン・トンプソンの話(01/25)
  • チャーリー・ヘイデン・フォーエヴァー!(01/12)
  • フランスのスタンダーズ盤 その他(01/07)
  • 謹賀新年(01/01)
  • Lina Nyberg の熟成はいつなされたのか?(12/30)
  • 深夜に聴いたピアノ・トリオ盤のこと(11/14)


  • ■Recent Comments

  • 山帽子(11/16)
  • Tetsuo Shimizu(10/13)
  • 山帽子(07/17)
  • Mae-chan(07/14)
  • 山帽子(07/11)
  • Tetsuo Shimizu(07/09)
  • 山帽子(06/27)
  • バード(06/09)
  • 山帽子(04/01)
  • バード(03/20)


  • ■Recent Trackbacks

  • 中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar:ピアノもヴァイブもいけてるDon Thompson(07/03)
  • 中年音楽狂日記:Toshiya\'s Music Bar:Ralph Townerの魅力(05/01)


  • ■Category

  • 音楽/嗜好別の分類 (0)
  • Favorite Rare CD (52)
  • Favorite CD Jacket (5)
  • Favorite Tune (9)
  • 音楽/楽器別の分類 (191)
  • Piano (73)
  • Bass (10)
  • Drums (0)
  • Organ (1)
  • Baritone Sax (4)
  • Tenor Sax (11)
  • Alto Sax (2)
  • Soprano Sax (0)
  • Trumpet (3)
  • Trombone (0)
  • Clarinet (0)
  • Flute (0)
  • Guitar (6)
  • Vibraphone (3)
  • Harmonica (1)
  • Accordion (3)
  • Harp (1)
  • Strings (2)
  • Vocal (20)
  • Various  (28)
  • 音楽/編成その他の分類 (23)
  • Duo (8)
  • Old Piano Trio (Piano+Bass+Guitar) (2)
  • Drumless Trio (Piano+Bass+Horn) (2)
  • Female Musician (7)
  • Japanese Musician (1)
  • Bossa Nova (0)
  • Rock/Folk (0)
  • 2Horns (2)
  • 3Horns (0)
  • 4Horns (1)
  • Big Band (0)
  • Jazz Around (0)
  • 音楽以外/その他の分類 (29)
  • Book (4)
  • Cycling (1)
  • Photo (12)
  • Essay (0)


  • ■Archives

  • 2016年11月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (4)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年09月 (3)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年11月 (3)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (4)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (3)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (4)
  • 2011年12月 (4)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (5)
  • 2011年06月 (5)
  • 2011年05月 (3)
  • 2011年04月 (4)
  • 2011年03月 (2)
  • 2011年02月 (3)
  • 2011年01月 (6)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (6)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (8)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (3)
  • 2010年04月 (4)
  • 2010年03月 (5)
  • 2010年02月 (8)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (5)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (4)
  • 2009年05月 (3)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (2)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (4)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (2)
  • 2008年08月 (4)
  • 2008年07月 (5)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (1)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年04月 (1)


  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。